Top

11猫の賑やか大所帯も今は昔。20年の時を経て、全員虹の橋へお引越ししてしまいました。これにて当blogも店じまいとしたいと存じます。
by.マナ(mana_blog)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
本サイト
他のblog
外部リンク
カテゴリ
全体
About blog
更新情報
うちの猫
保護猫・育生ちゃん
日記
ねこだすけ
里親募集
トム君預かり日記
預かりっ子
ドラマ・アニメ
Dolls
ゲーム
お庭計画
バーチャルペット
お題拝借
映画鑑賞
雑記
うちの犬
携帯版猫フォト日記
未分類
最新の記事
【更新終了のお知らせ】シン、..
at 2017-08-19 18:37
『あなたのウォールを、貸して..
at 2017-05-01 03:57
ピカ、虹の橋へ。うちの子はと..
at 2015-11-22 18:41
鎌倉市で起きた多頭飼育崩壊(..
at 2014-07-07 01:27
鎌倉・多頭崩壊猫のこと
at 2014-07-07 00:52
最新のコメント
> 鍵コメさん コメ..
by mana_blog at 16:33
>ちこさん 承認が遅く..
by mana_blog at 02:21
ピカちゃん、17歳・・ ..
by ちこ at 11:55
>びー母さん 承認..
by mana_blog at 17:30
あら~、更新されていたの..
by びー母 at 12:26
>おぬピさん レスがう..
by mana_blog at 02:58
おひさしぶりです~ ..
by おぬピ at 20:52
>くろさん お隣りに桜..
by mana_blog at 16:22
最新のトラックバック
from * Doll Days *
お迎えしました~♪
from * Doll Days *
猫のRSS情報
from 猫カフェ
今日は暑いらしい。
from 日向でほっこり。
ボアスリッパの季節です
from 十猫十色@MilkyCat
タグ
(97)
(89)
(59)
(43)
(42)
(21)
(18)
(13)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2015年 11月
2014年 07月
2014年 06月
more...
記事ランキング
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぽっとの陽だまり研究室
「週刊ちゃっぴー」別館
動物園へ行こう
里親さん募集中【保護猫日記】
移動動物園
自己健康管理とセルフメデ...
のらねこ。 (野良にゃ...
kanami's-diary
おいら宇宙王子きっちゃん
それ行け、かーちゃん、ほ...
堀 浩二 悦びの広場 T...
がんばる猫
ねこのきもち
blog 漱石サロン ラ...
Street Cat's...
日刊エキブロ新聞
祈りよ届け 願いよ叶え
ぱたにゃん@BLOG
茶タローくぅぅぅん.2
ティエタのアニマルファーム
ソフィーの碧い空
ミラクル・オラクル タロ...
「両手のない猫」チビタと...
大杉漣の風トラ便り
ゆきももこの猫夢日記
Animal Skin ...
ご褒美はかつお節で(旧館)
新・間違いだらけの猫カフェ選び
カードセラピー @横浜
リンク
ブログジャンル
検索
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
病院へ行く
 昼食をとった後、ベッドに寝転んで本を読んでいると、
「あぉ~…」
 という声が聞こえた。この声は、幸だ。嫌な予感…。

 幸は、ふだんは「あんっ」「きゃきゃきゃっ」という高い声だけど小さく短く鳴く子で、大きな声で鳴いたことがない。「うにゃーお」「なーお」という声で鳴く時は、車に乗せられたり病院に連れて行かれたりという本猫にとっては“身の危険を感じる”時だけだ。
 そしてなぜか、「あぁーおぉーん」という発情期のような独特の声で鳴く時は、気分が悪い時。つまり……

 こふっ、こふっ、こふっ。

 幸がお腹を上下させて吐いていた。ああ、やっぱりー。吐く前だったんだ。

 幸は寝室から廊下へ、ふらふらと歩きながら2度3度と吐いた。心なしか震えているようにも見える。単に吐いたというよりも異常だ。
 朝も、廊下に誰かが吐いていたから、ひょっとすると幸かもしれない。様子があまり良くないので、病院に連れて行くことにした。

 病院では大騒ぎだった。幸は我が家きっての病院嫌い。赤ちゃん猫の時に大風邪で死にかけてから何度となくお世話になっているのだけど、行く度に大嫌いな目薬をさされたり点鼻薬入れられたりと、幸にとっては嫌なことばかりされてきたせいか、死に物狂いで逃げようとする。といっても暴れて攻撃したりはしないのだけど。
 診察台の端っこにしがみついてひたすら鳴きまくり、最後には興奮のあまり呼吸困難起こして犬のように舌を出してハアハア言い出す始末で、先生にも半ば呆れられて、
「この子、こんなに恐がりでしたっけ」
 と言われてしまった。

 なんとか診察台の変わりに私の手にしがみつかせてなだめつつ診察してもらったけれど、特に内臓に異常はなし。少々胃が張っているようだけど、吐いた後であれば不思議ではない状態とのことだった。39.6度と微熱があったけれど、興奮状態のための熱なのかどうかちょっと不明。ただ、体温計についた便が少し緩かったので、腸の調子が良くないのかもしれない。家では下痢っぴな便は見ていなかったので、下痢というほどではないのかもしれない。
 胃腸を整える注射を2本してもらい、尿検査もした。こちらも異常なし。phの数値も理想的だとのこと。
「念のため、明日、もう一度連れて来てください」
 と言われたけれど、今日のあの興奮状態では病院に行くとかえってストレスで病気になりそうだなあ。
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2005-05-27 23:59 | うちの猫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://manablog.exblog.jp/tb/7045865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ようやくスタートライン | ページトップ | 会話成立? >>