Top

11猫の賑やか大所帯も今は昔。うちの子1にゃん1わんと預かり3にゃんを中心にまったり日常語り。なんとなく、さりげなく更新再開中。
by.マナ(mana_blog)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
本サイト
他のblog
カテゴリ
全体
About blog
更新情報
うちの猫
保護猫・育生ちゃん
日記
ねこだすけ
里親募集
トム君預かり日記
預かりっ子
ドラマ・アニメ
Dolls
ゲーム
お庭計画
バーチャルペット
お題拝借
映画鑑賞
雑記
うちの犬
携帯版猫フォト日記
未分類
最新の記事
『あなたのウォールを、貸して..
at 2017-05-01 03:57
ピカ、虹の橋へ。うちの子はと..
at 2015-11-22 18:41
鎌倉市で起きた多頭飼育崩壊(..
at 2014-07-07 01:27
鎌倉・多頭崩壊猫のこと
at 2014-07-07 00:52
【転載】*拡散希望* 動物た..
at 2014-06-02 00:37
最新のコメント
>ちこさん 承認が遅く..
by mana_blog at 02:21
ピカちゃん、17歳・・ ..
by ちこ at 11:55
>びー母さん 承認..
by mana_blog at 17:30
あら~、更新されていたの..
by びー母 at 12:26
>おぬピさん レスがう..
by mana_blog at 02:58
おひさしぶりです~ ..
by おぬピ at 20:52
>くろさん お隣りに桜..
by mana_blog at 16:22
自宅の屋上で花見ができる..
by neco_no_koolon at 10:06
最新のトラックバック
from * Doll Days *
お迎えしました~♪
from * Doll Days *
猫のRSS情報
from 猫カフェ
今日は暑いらしい。
from 日向でほっこり。
ボアスリッパの季節です
from 十猫十色@MilkyCat
タグ
(96)
(88)
(59)
(43)
(42)
(21)
(18)
(13)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2017年 05月
2015年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 05月
more...
記事ランキング
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぽっとの陽だまり研究室
「週刊ちゃっぴー」別館
動物園へ行こう
里親さん募集中【保護猫日記】
移動動物園
自己健康管理とセルフメデ...
のらねこ。 (野良にゃ...
kanami's-diary
おいら宇宙王子きっちゃん
それ行け、かーちゃん、ほ...
堀 浩二 悦びの広場 T...
がんばる猫
ねこのきもち
blog 漱石サロン ラ...
Street Cat's...
日刊エキブロ新聞
祈りよ届け 願いよ叶え
ぱたにゃん@BLOG
茶タローくぅぅぅん.2
ティエタのアニマルファーム
ソフィーの碧い空
ミラクル・オラクル タロ...
「両手のない猫」チビタと...
大杉漣の風トラ便り
ゆきももこの猫夢日記
Animal Skin ...
Gana baby's ...
rubyの好きなこと日記
Sakuraのアトリエ ...
ご褒美はかつお節で(旧館)
新・間違いだらけの猫カフェ選び
らっきょさん
カードセラピー @横浜
リンク
ブログジャンル
検索
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
千弥介のこと
 我が家のボスにして最年長の千弥介(ちびすけ)さん。結婚直前に私の実家に迷い込んで来て、そのまま私と一緒に“嫁入り”しました。
b0058448_20114963.jpg

 本当は結婚が決まった時、一緒に連れて行くつもりだったのは、16年一緒に暮らしたミュウという猫でした。しかし、彼女は結納を見届けるようにして虹の橋に行ってしまいました。
 千弥介は、ミュウが亡くなるちょうど2週間前に、突然、現れました。今からは考えられないけれど、ほんとに小さな子猫でした。

 子猫特有の声でミーミー鳴きながら玄関の前をとぼとぼと歩いていて、思わず、
「君、どこの子? どっから来たの!?」
 と抱き上げると、ぴたっと鳴き止み、安心したような顔になったので、「ああ、この子は人に育てられた子だな」と感じました。

 最初は、闘病中だったミュウを刺激しないよう、外猫たちと一緒に庭で世話をしていたのですが、ミュウが亡くなった後の辛さに耐え切れず、ダンナ(当時は婚約者)を説得して、飼うことに。その時、「この子は残していく私を心配したミュウが呼んでくれた子なんだ」と思いました。ただの思い込みかもしれないけれど、ミュウという猫は、そういうちょっと不思議なところのある子だったし、私はずいぶん彼女に依存してましたから…。
 今でも私はそう信じています。

 それにしても、千弥介がうちの実家の玄関前を歩いていたのが未だに謎です。
 うちの実家は、公道からは奥まった位置にあります。家の前は私道になっていて他人は入って来づらい場所なので、誰かが捨て猫しに来た、というのはちょっと考えにくいと思います。でも、子猫の足で公道の方からうちへ、しかも階段を上がってまっすぐやって来たというのも、なんだか不自然な気がするし…。
 いったいどこから、どうやって我が家に来たのでしょうね。永遠の謎です。本人に聞いても、
「僕は生まれた時からこの家にいるよっ」
 とか言いそうだし。(笑)

------------------------
この記事は、サイトに設置した日記CGIに書いたのをここに移したものです。
以下、当時いただいたコメントとそのお返事。

さぶろう [URL] 2005/06/10/17:41:49
そういうことって、絶対ありますよね。
ウチにもそういう“事”いくつかあります。全部書くと恐ろしく長くなっちゃう☆

よくある事は「誰かの入れ替わり」。

でも、どんなコでも「ここ(ウチ)で生まれた」と思っているんだろうケドね☆


マナ@管理人 2005/06/11/10:12:44
さぶろうさん、コメント第一号ありがとうございます。(^^)
そうそう、猫ってきっとみんな、「生まれた時からここが自分ち」と思ってますよねー。
うちで最初から家にいたのはピカkidsだけなんだけど。(^^;)

「誰かの入れ替わり」ってやっぱりよくあるんですね。
さぶろうさんのそういう“事”も読んでみたいです。長編になりそうなら、ぜひblog連載でっ!(#^.^#)


さぶろう [URL] 2005/06/23/15:39:01
さぶろうの「グリングリン日記」に「Milky Cat」、リンクしました~♪


マナ@管理人 2005/06/23/16:54:13
さぶろうさん、リンク、ありがとうございます~。(^^)

[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2005-06-02 23:59 | うちの猫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://manablog.exblog.jp/tb/7045936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 工事中~ | ページトップ | まわるミュージック >>