Top

11猫の賑やか大所帯も今は昔。20年の時を経て、全員虹の橋へお引越ししてしまいました。これにて当blogも店じまいとしたいと存じます。
by.マナ(mana_blog)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
本サイト
他のblog
カテゴリ
全体
About blog
更新情報
うちの猫
保護猫・育生ちゃん
日記
ねこだすけ
里親募集
トム君預かり日記
預かりっ子
ドラマ・アニメ
Dolls
ゲーム
お庭計画
バーチャルペット
お題拝借
映画鑑賞
雑記
うちの犬
携帯版猫フォト日記
未分類
最新の記事
【更新終了のお知らせ】シン、..
at 2017-08-19 18:37
『あなたのウォールを、貸して..
at 2017-05-01 03:57
ピカ、虹の橋へ。うちの子はと..
at 2015-11-22 18:41
鎌倉市で起きた多頭飼育崩壊(..
at 2014-07-07 01:27
鎌倉・多頭崩壊猫のこと
at 2014-07-07 00:52
最新のコメント
>ちこさん 承認が遅く..
by mana_blog at 02:21
ピカちゃん、17歳・・ ..
by ちこ at 11:55
>びー母さん 承認..
by mana_blog at 17:30
あら~、更新されていたの..
by びー母 at 12:26
>おぬピさん レスがう..
by mana_blog at 02:58
おひさしぶりです~ ..
by おぬピ at 20:52
>くろさん お隣りに桜..
by mana_blog at 16:22
自宅の屋上で花見ができる..
by neco_no_koolon at 10:06
最新のトラックバック
from * Doll Days *
お迎えしました~♪
from * Doll Days *
猫のRSS情報
from 猫カフェ
今日は暑いらしい。
from 日向でほっこり。
ボアスリッパの季節です
from 十猫十色@MilkyCat
タグ
(97)
(89)
(59)
(43)
(42)
(21)
(18)
(13)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2015年 11月
2014年 07月
2014年 06月
more...
記事ランキング
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぽっとの陽だまり研究室
「週刊ちゃっぴー」別館
動物園へ行こう
里親さん募集中【保護猫日記】
移動動物園
自己健康管理とセルフメデ...
のらねこ。 (野良にゃ...
kanami's-diary
おいら宇宙王子きっちゃん
それ行け、かーちゃん、ほ...
堀 浩二 悦びの広場 T...
がんばる猫
ねこのきもち
blog 漱石サロン ラ...
Street Cat's...
日刊エキブロ新聞
祈りよ届け 願いよ叶え
ぱたにゃん@BLOG
茶タローくぅぅぅん.2
ティエタのアニマルファーム
ソフィーの碧い空
ミラクル・オラクル タロ...
「両手のない猫」チビタと...
大杉漣の風トラ便り
ゆきももこの猫夢日記
Animal Skin ...
ご褒美はかつお節で(旧館)
新・間違いだらけの猫カフェ選び
カードセラピー @横浜
リンク
ブログジャンル
検索
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
胃液に血!?
b0058448_20353380.jpg

 リビングとDKの間には、全体に摺りガラスの入った引き戸があります。DKは、料理中包丁を持った手にじゃれつかれたりコンロに上がられたりすると危ないので、猫は出入り禁止の場所。食事をしていると、猫たちが摺りガラス越しにリビングからジーッとこっちを見ていて、その姿はあるものを連想させます。

司会者「それで、今日はどういったご相談なの」
●●さん「あのですね、主人が体に悪いとか言って美味しいご飯を食べさせてくれないんです。ボクとしては、小アジのお刺身とかマグロの猫缶とか、カリカリ以外も食べたいのにですね、いつもカリカリばかりで… ヨヨヨヨ~」
司会者「それは奥さん、大変だねぇ」(奥さん?(^^;))
 なんて。そう、テレビで素性を隠すため摺りガラス越しに相談者を置いた人生相談コーナー。あれを連想させるのですよ。(笑)

 昨日の朝も、摺りガラス越しにシンが「うにゃーぉお、なおぉー」と大騒ぎしてました。
 シンの場合、「ゴハンー」とかよりも、「抱っこ~」と騒ぐことが多いので、リビングに行って抱っこすると、案の定ぴたりと騒ぐのをやめて満足そうにしていたので、そのままシンを膝に乗せてテレビを見ていました。
 やがて気が済んだのか、膝の上から降りて、枯れかけの猫草をはみはみし出したので「ああ、そろそろこの猫草も終わりだなあ。新しいのを買うか育てないと」と思いながらDKに戻ると、コッコッコッ…と、猫が吐く時の音が。

 見に行ってみると、シンでした。廊下に1ヶ所、階段に1ヶ所。更に2階の廊下に2箇所、計4回。内容物を見ると、最初の1回のみまだ消化されていないカリカリ数粒が混ざっていたものの、胃液ばかり。しかも、拭きとってみるとわずかだけれど血が!
 1週間ほど前にも、胃液にうっすらと血が混ざっていたことがありました。その時は誰が吐いたかわからなかったのだけれど、シンだったのか! 大慌てで病院に連れて行きました。

 診断結果は大きな異常はなしとのこと。血の量が少ないこと(針の先くらいの点が1~3滴くらい)、色が鮮明であることから、食道か喉に近い場所が胃酸か誤飲した異物で傷つけられて血が出たのではないか、ということでした。
 もし胃に潰瘍ができていたり内臓から出血していたのだとすれば、血の色がどす黒くなるし、量ももっと多いはずなのだそうです。ただ、これが長く続くようであればレントゲンを撮るなどして検査をする必要があるだろう、ということでした。でもこれって、ボクが吐いてた時と同じ診断……。

 吐くこと自体が体に負担をかけることなので、吐き気止めと胃の粘膜を保護する注射をすることになりました。その注射は点滴タイプで少し時間がかかるため、私は待合室に戻りました。すると、しばらくして診察室の隣りの処置室(?)からすさまじい叫び声が!
 ケンカして本気で怒って鳴く時のような「ぎゃおーっ!」というような声。待合室にいたご年配の方が、連れて来ていたワンちゃんに、
「猫ちゃん、痛い痛いって鳴いてるね~、かわいそうねー」
 と言うくらいの声なので、心配になって見に行ったのだけれど、場所柄、ガラス窓越しに先生たちの姿は見えるものの、診察台の上にいるシンは見えません。
 今回注射を担当されたのは、今年から入ったらしい若い男の先生。奥様先生とその若い先生にシンを任せ、院長先生は次の患者さんを診察していました。シンが鳴き出してから院長先生もそっちに行かれたものの、手を出さずに見ていただけだったし、しばらくして鳴き止んだので大丈夫だろうと思って椅子に戻ると、院長先生が来て、
「押さえつけられるのが嫌だったみたいで、エリザベスカラーをしたらおとなしくなりましたよ」
 と。しかし、「終わりましたよー」と戻って来たシンは、なぜか両腕に消毒の後があり、片方は気にも留めないのに、片方の腕ばかりしきりに舐めてました。
 これは推測でしかないのだけど、若い先生、注射がヘタでうまく針が入らずシンが痛がったんじゃないのかなあ。私も経験あるけど、ヘタな人に注射されると神経に当たったりしてえらい痛かったりするもの。

 家に戻ってキャリーから出し、元気良く2階に駆け上がって行ったのを確認して買い物へ出かけました。
 ところが、小一時間ほどで帰って来ると何やら様子が変わっていました。2階の猫部屋でトイレの傍でうずくまっているのです。声をかけても反応が鈍い。いつものしゃきしゃき娘ぶりはどこへやら、ノロノロした動作でトイレに入り、ウンチングスタイルをするも何も出ず… またノロノロとトイレから出て、すぐ傍でうずくまる。これを数度、繰り返していました。
 ふと見ると、階段の1番上に毛玉と水、胃液が混ざった嘔吐物が…。
 しまった。
「吐いてから1時間くらいは水を飲ませたりゴハンを食べさせたりしないように。それが刺激になってまた吐いてしまうから」
 と言われていたのに、水を出しっぱなしにしていたっけ。きっとお水をいっぱい飲んじゃったんだ。水入れをかたづけて行けば良かったのかなあ。でも、他の子が水を飲めないのは困るし…
 こういう時、多頭飼いの難しさを感じます。

 しかし、吐いて具合が悪くなったにしては、何度もトイレに入り、ウンチングスタイルをするのはどういうことだろう? おしっこは出ているみたいだから泌尿器系のトラブルではなさそうだ。明らかにおしっこではなくンチをする時のポーズだし… 単に吐いたのとは関係なく便秘なのか、注射の副作用か何かでお腹が痛いのか。
 ふだんは元気いっぱい走り回り飛び回り大声で鳴いて甘える子で、こんな姿は、初めて見ました。
 もう一度病院に連れて行こうかとも思ったけれど、歩く足はしっかりしていてふらつくこともなく、呼吸も安定している。目も異常なし。鈍いものの、こちらへの反応も一応ある。何度かトイレに出たり入ったりを繰り返した後、アスレチックタワーの一番下で寝始めたし、短時間のうちに何度も病院に連れて行くと、かえって疲れてしまって体調が悪化するかもと思い、夕方まで様子を見ることに。
 1時間おきに見に行くと、少しずつだけどふだんの元気さを取り戻していっているように見えたので、結局、病院へは行きませんでした。深夜、日付が変わる頃にはほぼ元通りな様子だったし、その後はトイレに篭もることも吐くこともなくカリカリもしっかり食べていました。
 今日も、今のところはすっかりいつも通り元気です。

 それにしても、シンは滅多に吐かない子なのに、なぜ急にこんな血混じりの胃液を吐くようになったのか。体に異常があるようには見えないのに、ボクと同じような状態になるなんて……。もしかして、ボクがシンを通して何か訴えて来てるのかなあ、なんてちょっと考えてしまいました。

 もうすぐボクの1周忌。今はリビングに置いているボクだけど、1周忌に合わせて埋葬の予定でいます。
 ボク、「このままリビングにいさせて」なの?
 「早く眠らせて」なの?
 どっちにしても、「ボクのこと、忘れないで」と言っているのかもしれないなあ。


 忘れてないよ…(ノ_・。)


------------------------
この記事は、サイトに設置した日記CGIに書いたのをここに移したものです。
以下、当時いただいたコメントとそのお返事。

ちこ [URL] 2005/09/04/11:16:18
その後、シンちゃんの様子どう?
この記事を読んだら思わず涙が。。。ボクちゃんが何か伝えたいのかも、って考えるマナさんの気持ち、なんとなくわかる気がするよ・・・

病院の新人先生、申し訳ないけど当たりたくないよねー。大事な子の命を任せるんだからね。
シンちゃんもマナさんもお疲れ様でしたっm(_ _)m

摺りガラスって、こういう楽しみ方もあるのね(笑)うちも一つくらい欲しかったな(^w^)


マナ@管理人 2005/09/04/17:40:08
ちこさん、ちわっす~(^_^)/
シンはめいっぱい元通り元気ですー。ありがとう。(^^)
ボクかも? なんていうのは思い込みかもしれないけどねー。あれから毎日、お線香をあげるようにしてます。
リビングに置いているから他の猫たちがひっくり返しそうで今までは時々しかあげてなかったんだけど。

新人先生のことは推測なので、もし違ってたら申し訳ないんだけどね。(^^;)
診察をしたわけじゃないし、注射の用意は手慣れているいつもの看護士さんがやってたから間違いはなかったと思うけど、やっぱり院長先生の方が安心だよねー。

摺りガラス、笑っちゃうでしょ。ダンナと2人でアテレコして遊んでます。(笑)


ちこ 2005/09/05/14:04:39 No.18
お~~!シンちゃん良かった!!
大丈夫かなぁって内心ちょっとドキドキしてたの(^^;)

お線香、うちはどんぐりが食べてしまうのですよー(ToT) お線香をガラス瓶に入れて置いてたら、中身を倒して、ポリポリ食べてるんだもん(焦;) お腹も壊さず大丈夫だったけど、それ以来お線香は引き出しの中、火をつける時は要注意。。。


マナ@管理人 2005/09/05/18:11:10 No.20
ちこさん、ありがと~~(^^)
今のところは吐き気もないみたいだし、もうすっかりいつものシンで、うにゃうにゃとうるさいです。(笑)

うわ、どんちゃん、お線香食べちゃうの!?(@_@;)
お線香の原料ってなんだっけ… と思って検索したら、香木とか香料とかなんだね。すぐに毒ってわけじゃないけど、決して食べていいものではないし、お腹こわさなくてほんとに良かったです。
でも火をつけたら、灰になるまで見張ってないといけないの? 大変だね。(^^;)
食べちゃダメだよ、どんちゃーん!

[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2005-09-02 23:59 | うちの猫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://manablog.exblog.jp/tb/7046048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 画像準備中 | ページトップ | 夏の思い出 >>