Top

11猫の賑やか大所帯も今は昔。うちの子1にゃん1わんと預かり3にゃんを中心にまったり日常語り。なんとなく、さりげなく更新再開中。
by.マナ(mana_blog)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
本サイト
他のblog
カテゴリ
全体
About blog
更新情報
うちの猫
保護猫・育生ちゃん
日記
ねこだすけ
里親募集
トム君預かり日記
預かりっ子
ドラマ・アニメ
Dolls
ゲーム
お庭計画
バーチャルペット
お題拝借
映画鑑賞
雑記
うちの犬
携帯版猫フォト日記
未分類
最新の記事
『あなたのウォールを、貸して..
at 2017-05-01 03:57
ピカ、虹の橋へ。うちの子はと..
at 2015-11-22 18:41
鎌倉市で起きた多頭飼育崩壊(..
at 2014-07-07 01:27
鎌倉・多頭崩壊猫のこと
at 2014-07-07 00:52
【転載】*拡散希望* 動物た..
at 2014-06-02 00:37
最新のコメント
>ちこさん 承認が遅く..
by mana_blog at 02:21
ピカちゃん、17歳・・ ..
by ちこ at 11:55
>びー母さん 承認..
by mana_blog at 17:30
あら~、更新されていたの..
by びー母 at 12:26
>おぬピさん レスがう..
by mana_blog at 02:58
おひさしぶりです~ ..
by おぬピ at 20:52
>くろさん お隣りに桜..
by mana_blog at 16:22
自宅の屋上で花見ができる..
by neco_no_koolon at 10:06
最新のトラックバック
from * Doll Days *
お迎えしました~♪
from * Doll Days *
猫のRSS情報
from 猫カフェ
今日は暑いらしい。
from 日向でほっこり。
ボアスリッパの季節です
from 十猫十色@MilkyCat
タグ
(96)
(88)
(59)
(43)
(42)
(21)
(18)
(13)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2017年 05月
2015年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 05月
more...
記事ランキング
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぽっとの陽だまり研究室
「週刊ちゃっぴー」別館
動物園へ行こう
里親さん募集中【保護猫日記】
移動動物園
自己健康管理とセルフメデ...
のらねこ。 (野良にゃ...
kanami's-diary
おいら宇宙王子きっちゃん
それ行け、かーちゃん、ほ...
堀 浩二 悦びの広場 T...
がんばる猫
ねこのきもち
blog 漱石サロン ラ...
Street Cat's...
日刊エキブロ新聞
祈りよ届け 願いよ叶え
ぱたにゃん@BLOG
茶タローくぅぅぅん.2
ティエタのアニマルファーム
ソフィーの碧い空
ミラクル・オラクル タロ...
「両手のない猫」チビタと...
大杉漣の風トラ便り
ゆきももこの猫夢日記
Animal Skin ...
Gana baby's ...
rubyの好きなこと日記
Sakuraのアトリエ ...
ご褒美はかつお節で(旧館)
新・間違いだらけの猫カフェ選び
らっきょさん
カードセラピー @横浜
リンク
ブログジャンル
検索
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
タグ:にゃんこ画像 ( 96 ) タグの人気記事
Top▲ |
テストを兼ねて
スマホから
お隣さん家の猫たちが使わないからと、譲ってくれた籠。
うちの子たちは気に入ったみたいです。
b0058448_19362147.jpg

[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2013-02-17 03:18 | 携帯版猫フォト日記 | Trackback | Comments(0)
恭賀新年
b0058448_2374896.jpg


今年もよろしくお願い致します。
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2013-01-01 02:38 | 日記 | Trackback | Comments(2)
12番目の家族
b0058448_14321548.jpg
撮影:Canon IXY DIGITAL 930 IS
今年3月に、不思議な縁でうちの子になったりか・♀・18歳。

前の飼い主さんがつけた名前は「アポちゃん」だったそうです。
アポちゃんといえば、おしゃまでおしゃれさんで気が強くていたずらっ子な魔女っ子メグの人間界での妹の名前ですね。
りかも若い頃は活発でいたずら好きだったんだろうな。今でも気は強いけど。(笑)
おばあニャンとは思えないほど若々しくて無邪気でかわいい子です。毛並みも艶々もっふもふ♪(^v^) 

もうかわいくて、かわいくて、かわいくて、かわいくて… ∞ …
年齢は長男の千弥介・16歳さえ追い越して一番上ですが、我が家では末っ子。親バカ炸裂中でございます。(* ̄∇ ̄*)


20121212日に12番目の家族のご紹介でした~。(笑)
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2012-12-12 14:55 | うちの猫 | Trackback | Comments(0)
【幸】グレムリン?(笑)
アマゾンの箱なんだけど、あご乗せて寝るには高すぎる気が……(^_^;A
b0058448_19434241.jpg

[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2010-08-14 22:19 | 携帯版猫フォト日記 | Trackback | Comments(0)
眠い……
乾きたての洗濯物に埋もれて寝る黒猫。
このまま持ち上げて運ばれても、起きない。(^^;)
b0058448_19463953.jpg

[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2010-07-16 12:01 | 携帯版猫フォト日記 | Trackback | Comments(0)
今更ですが――更新休止します
b0058448_1463797.jpg

ども。
お久しぶりです


気づいたら、桜の季節も終わり……
b0058448_151366.jpg

「借景かな、借景かな」の、お隣りの桜。 ♪ラ ラ ラブ サクラ...


満開の頃の週末、我が家の屋上にてお花見しました。
b0058448_1585221.jpg

残念ながら、お天気も悪く寒かったのですが、翌週には全部散ってしまったので、この時しかなかったのですよねぇ。
あまりの寒さに、つき合ってくれたのは、“いつもご機嫌。るんたった娘”のてちゅりんだけでした。

……という話ではなく。
すっかりご無沙汰致しております。(*- -)(*_ _)ペコリ
皆さま、お変わりございませんか? 我が家は相変わらずです。猫たちもだんだんとトシを取り、「皆元気ハツラツです」とまでは言えなくなってきましたが、それはそれなりにまったりとのほほんとソコソコ元気に暮らしております。

b0058448_244020.jpg

ん? 呼んだ?


あー、ハイハイ。君は若くて元気いっぱいだね。
トム君も相変わらずです。近頃は、猫たちもだいぶ彼に慣れてきました。テンション上がって追いかけて来られさえしなければ、傍にいても全然OKになったので、トム君もずいぶんとリビングでくつろぐようになりました。
b0058448_28146.jpg

お気に入りの場所が、なぜか自分のサークルの外だったりするんですが。(^^;) まあ、かなりな高確率で、サークルの中にはピカとかミルクとかココアとかが寝てたりするので、入れないって噂もありますが。(笑)
入りたくても、サークルの中に誰かいると追い出せない ヘタレ (ケホッ 優しいトム君なのでありました。

さて、ご無沙汰した挙句ですが――というか、ここまで放置しているうえに、まだあまり更新したいという意欲が湧かなくなっている状態なので、いっそ更新休止宣言をしておいた方が良いかな、と思いまして、これを書いております。
ネタがないわけではありません。猫たちは、やはり若い頃のように活発には動かなくなりましたが、なんといっても若くて元気でおバカなんだか賢いんだかわからない(ほ、褒めてる?(;^_^A)トム君が、日々、大いにネタ提供してくれてはいるのですが……ここのところ、少し生活が変わったこともあって、ちょっと更新意欲がダウンぎみなんですねぇ。辞める気はサラッサラないんだけど。(笑)
まあ、長く続けていればこういうこともあるかと。

と、いうわけで、更新意欲が湧くまで、ここは休止にしておこうと思います。
数日に1回程度はチェックしておりますので、何かありましたらコメントでもメールでもいただけたら、と思います。

ではでは、
b0058448_225922.jpg

また会う日まで~。 by.幸






……あ、ユル~くしようもないことをウダウダ書いてる自サイトのblogはたまーに更新するかもです。
でもあっち、ほぼKinKiさんネタなんだよな。(;^_^A
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2010-04-17 02:34 | About blog | Trackback | Comments(4)
最後のトム君預かり日記
久々にスキンを変えました。
今回のスキンは、 スキンを配布してくださっているAnimal SkinさんのWD-Lazycat1 を改造させていただきました。
背景画像の元画像は、これ↓
b0058448_2431727.jpg

ダンナが新しく自分用に買ったコンデジで撮影したもの。連写機能を使っているのですが、なかなか良いショットだと思い、採用しました♪(えらそ~(笑))

トムを背景画像に使ったのは、記念の意味があったり。

11/1の地元・鎌倉での里親会(神奈川県動物愛護協会主催)と、11/3の横浜・日産スタジアムでのニコルオーナーズディでの譲渡会(A.L.I.S主催)。
日にちが接近していましたが、両日に参加し、里親さんが決まらなかったらトム君をうちの子にしようと思っていました。
11/3は、どっちに転んでもトム君のお家が決まるという、まさに運命の日でありました。

で。

うちの子になりました。(笑)

これで良かったんだか悪かったんだか、わかりませんが……とりあえず、これからもずっと、虹の橋を渡るまで我が家の一員です。

と、いうわけで。うちの子記念のスキンなのでした。(^O^)
トム君の預かり日記も終了になるので、blogタイトルも、「十猫十色 with トム君預かり日記」から、「十猫十色 with Wan!」に変えました。
改めて、
b0058448_238595.jpg

「これからもよろしくお願いします」

でもって、我が家でお預かり中のきーちゃん
b0058448_2485030.jpg

里親さんが決まり、今週土曜日(11/7)に新しいお家へ行きます。

このきーちゃん、人間には非常にフレンドリーで甘ったれなおとなしくて良い子なんですが、他猫が全くダメな子でした。
特に男の子同士の千弥介がダメ。油断していたら、千弥介が大ケガするほどのケンカをしてしまいました。(--;)
幸い、ケガは順調に治りましたが、一緒にはできないので、きーちゃんは保護部屋だけで過ごすことが多くなりました。とはいえ、元気な若猫を1部屋に閉じ込めておくのもストレスが溜まるので、千弥介が寝ている隙に、千弥介がいる部屋には入れないようにして自由にしてやってましたが、そうすると、他の猫たちにまでケンカを売る始末。(汗)
千弥介以外は女の子なので、ケンカを売られてもシレッと逃げてしまうのでケガをすることはありませんが……。困ったものです。
里親さんは、きーちゃんの保護に関わった方からの紹介で、すごく良い方です。きーちゃんをとっても気に入ってくださっているようです。
知り合いの伝手だし、たぶんトライアルなしで決定になるんじゃないかな。
ただ、里親さんは、日中、お仕事をされていることもあり、「寂しくないように」と2頭飼いを希望されているんですよねぇ。きーちゃん、2匹目を受け入れられるかどうか。(;^_^A 2匹目は急がないそうなので、じっくり相性の良い子を選べば可能かもしれませんが、どうなりますやら。
家も比較的近いし、年齢も私と近いので、良いお友達にもなれそうで嬉しいです。

それにしても、ノエル君、シロちゃんに続いて、成猫にも関わらず安心してお渡しできる家族と巡り会えたのは嬉しい限り。良いご縁に感謝したいと思います。
……あれ? そういえばシロちゃんはまだトライアルのままだな~。そろそろどっちにするか、決めてもらわないと。(笑)
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2009-11-06 03:05 | トム君預かり日記 | Trackback | Comments(16)
生きてます(汗)
ものすごくお久しぶりです。すみません。(^^;)

先月だったか、トム君のお散歩中に、
「もしかして、アリスさんから預かっていらっしゃるんですか?」
と声をかけられ、
「ブログ、見てますよ」
と言われて冷や汗。ずーっと放置だったし。
その方も、他のボラ団体さんでレスキューされたかわいい小型のわんちゃんを連れていらっしゃいました。レスキューされてブジ良い家庭にもらわれた子は本当に幸せだな、と感じます。

てなわけで、我が家にすっかり居着いているトム君&我が家の猫たち、変わりなく元気です♪

ここ数日は、またちょっと猫関係でバタバタしていますが。
1週間(実際は10日間)の約束でお預かり中のコ。

b0058448_0244918.jpg


ベタベタの甘ったれさんなのに、たった数日で、うちの保護部屋を自分のテリトリーと化し、千弥介に“闘い”を挑んだ猛者男(笑)です。私が慌てて止めたのでケンカにはならずに済みましたが、いたくプライドを傷つけられた千弥介へのフォローが大変でした。(;^_^A
明日、お見合いに連れて行きます。先住猫ちゃんとうまくいけばそのままトライアル予定。
先住猫ちゃんも、うちから里子に出た子なんだよね。もう6……7年前か? あれ、ってことはあの子も、もう7歳くらいか。早いなあ汗
うまくいくといいな。預かり、次が控えてるし。(笑)
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2009-09-25 00:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)
テストを兼ねて
千弥介さん、私のPC部屋でまったり中。
自治会の議事録が終わらないよ~(汗)

って、サボってつい自サイトいじってるのがいけないんだけど。(・・*
b0058448_22313033.jpg
)ゞ
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2009-05-25 15:01 | 携帯版猫フォト日記 | Trackback | Comments(0)
秀の1周忌
b0058448_22401722.jpg

今日は秀の命日。早いもので、1周忌です。

早朝3時半前後頃だったから、日付的に今日でも、昨日からまたがっている感覚があって、昨日からあまり平静でいられませんでした。
ふとしたきっかけで、当時の感覚が甦ってしまって……細かいところまで鮮明に思い出してしまい、涙腺が狂っているんじゃないかと思うくらい涙が出て止まらなかったり。

そうは言っても、手のかかる連中がしこたまいるので(笑)、泣いてばかりいるわけじゃないんだけど。怒ったり怒鳴ったり、笑ったり謝ったり。いつもと変わらず、賑やかに過ごしています。

思い出してしまう原因のひとつは、きっと、この季節の空気。

去年の昨日も今日も、良いお天気でした。
今年の昨日も今日も、やっぱり良いお天気です。

抜けるような秋の青空が広がり、柔らかい晩秋の日差しがリビングいっぱいに入り込んでいて……ああ、昨年の昨日も今日もこんな感じだったな、と。

昨日の昼前、はめ込み窓から入る日の光の中、リビングに敷いた布団の上で、最後の皮下補液をしたっけ。もう病院に連れて行けないほど弱っていたから、頼みこんで、いつもの3種類の薬をシリンジに入れてもらい、持って帰って補液と一緒に私が注入した。
何度も針が抜けてしまい、刺し直したから、秀は痛かっただろう。慣れないせいで最後に入れた薬は秀の体には入らなかった。……もう、入っても意味をなさなかったけれど。

昨日の深夜……もう何も吐くものがないはずの秀が何度も嘔吐を繰り返し、胆汁まで吐くのを見ていられなくて、刺すような冷たい空気の中、そっと車を出して夜間救急病院に行った。もう手の施しようがないことはわかっていたけれど、少しでも楽にしてやりたかった。
酸素室に入れてもらって、少し落ち着いたところで帰って来た。ただもう、家までもたないかもしれないほど虫の息になっていた。免許を持っていないダンナが付き添い、私が運転していたからだろうか。秀は、車の中でこと切れることなく、家に入って私たち2人の腕に包まれた瞬間に逝ってしまった。

夜間病院に行く直前、激しく嘔吐し始めた秀。
泣いて声が出ない私に、ダンナは、「大丈夫」と言い、秀を「落ち着いて、しっかり、しっかり」と一所懸命に撫でていた。
ようやく声が出るようになった私が、「もういいよ、秀ちゃん、がんばらなくていいから。もう楽になっていいから」と言うと、ダンナは驚いたような顔をしていた。
私が秀が死にそうなのが不安で泣いていると思っていたのだろう。その時、私が泣いていたのは、秀が苦しんでいるのが辛かったのだ、と気づいたようだった。同時に、私も気づいた。ダンナは、身近なモノの死を目の当たりにするのは初めてだったのだ、と。
私には、過去に何度か動物の死を看取った経験があったから、もうムリだということはわかっていた。もちろん、そんな状態から持ち直すことだってある。それを願う気持ちもあったけれど……。

仮眠を取って、朝、いつもの時間にダンナは会社に行った。私は、1日中、やっぱりリビングの奥深くまで届く柔らかい日差しの中で、秀の傍らにいた。
逝ってしまった直後は見開いていた目も口も、少し押さえて閉じてやったら、うっすらと目を閉じて日向ぼっこをしながら眠っているようで……ペット葬儀を扱う葬儀社の人が、ブルー地に宇宙の絵が描かれたかわいいダンボール箱の棺を持って来てくれて、ちょこんとそこに収まった秀は、かわいくてかわいくて、もう生きていない、秀の魂はそこにはないとわかっていても、そのままずっと置いておきたかった。

でも、火葬場に行って、秀の体が炉に入っていった時には、もう、そこに秀はいない、という不思議なほど落ち着いた実感があったから、それほど涙は出なかった。

あれから1年。もう1年、まだ1年。
それでも、時は進む。
たった1年のこの間に、ずいぶん色々と変わってしまった。さすがに預かりとはいえ犬がいることになろうとは、当時は予想もしなかったけど。(笑) 預かった当初も、よもや秀の1周忌を一緒に迎える羽目になろうとは思いもしなかったが。(苦笑)
トム君ばかりか、野良や捨て猫ばかりで今まで縁のなかった洋猫(ペルシャMIX)のノエルもいる。子供のいない我が家にとって、劇的な日常の変化というものは起こりにくいものではあるけれど、こうして小さな変化を繰り返して日々は進んでいくのだな、と思う。
来年の今日は、どうなっているのだろうか。そして、今年とはまた違う秀への感覚をもつことになるのだろうか。願わくば、せめてあと数年、我が家のメンバーがひとりも欠けることのないように、と、心から願う。

あ……来年の今日も、トム君やノエル君と一緒に迎えるのは、それはちょっと問題か。(笑)
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2008-11-21 22:48 | うちの猫 | Trackback | Comments(2)
| ページトップ |