Top

11猫の賑やか大所帯も今は昔。20年の時を経て、全員虹の橋へお引越ししてしまいました。これにて当blogも店じまいとしたいと存じます。
by.マナ(mana_blog)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
本サイト
他のblog
外部リンク
カテゴリ
全体
About blog
更新情報
うちの猫
保護猫・育生ちゃん
日記
ねこだすけ
里親募集
トム君預かり日記
預かりっ子
ドラマ・アニメ
Dolls
ゲーム
お庭計画
バーチャルペット
お題拝借
映画鑑賞
雑記
うちの犬
携帯版猫フォト日記
未分類
最新の記事
【更新終了のお知らせ】シン、..
at 2017-08-19 18:37
『あなたのウォールを、貸して..
at 2017-05-01 03:57
ピカ、虹の橋へ。うちの子はと..
at 2015-11-22 18:41
鎌倉市で起きた多頭飼育崩壊(..
at 2014-07-07 01:27
鎌倉・多頭崩壊猫のこと
at 2014-07-07 00:52
最新のコメント
> 鍵コメさん コメ..
by mana_blog at 16:33
>ちこさん 承認が遅く..
by mana_blog at 02:21
ピカちゃん、17歳・・ ..
by ちこ at 11:55
>びー母さん 承認..
by mana_blog at 17:30
あら~、更新されていたの..
by びー母 at 12:26
>おぬピさん レスがう..
by mana_blog at 02:58
おひさしぶりです~ ..
by おぬピ at 20:52
>くろさん お隣りに桜..
by mana_blog at 16:22
最新のトラックバック
from * Doll Days *
お迎えしました~♪
from * Doll Days *
猫のRSS情報
from 猫カフェ
今日は暑いらしい。
from 日向でほっこり。
ボアスリッパの季節です
from 十猫十色@MilkyCat
タグ
(97)
(89)
(59)
(43)
(42)
(21)
(18)
(13)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2015年 11月
2014年 07月
2014年 06月
more...
記事ランキング
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぽっとの陽だまり研究室
「週刊ちゃっぴー」別館
動物園へ行こう
里親さん募集中【保護猫日記】
移動動物園
自己健康管理とセルフメデ...
のらねこ。 (野良にゃ...
kanami's-diary
おいら宇宙王子きっちゃん
それ行け、かーちゃん、ほ...
堀 浩二 悦びの広場 T...
がんばる猫
ねこのきもち
blog 漱石サロン ラ...
Street Cat's...
日刊エキブロ新聞
祈りよ届け 願いよ叶え
ぱたにゃん@BLOG
茶タローくぅぅぅん.2
ティエタのアニマルファーム
ソフィーの碧い空
ミラクル・オラクル タロ...
「両手のない猫」チビタと...
大杉漣の風トラ便り
ゆきももこの猫夢日記
Animal Skin ...
ご褒美はかつお節で(旧館)
新・間違いだらけの猫カフェ選び
カードセラピー @横浜
リンク
ブログジャンル
検索
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
タグ:ドラマ・アニメ ( 5 ) タグの人気記事
Top▲ |
いつだって、愛する人に
 猫はさ、いつでもホメてもらいたいんだよ、誰かに。
 やたらもったいぶってるけどねぇ。


 今週の「結界師」の中のセリフ。けだし名言だと思ってしまいました。特に、「やたらもったいぶってるけど」というところ。
 猫ってホメられても犬みたいにあからさまに嬉しそうにはしないことが多いのだけど、何気に得意げだったりしますね。素直じゃないところがかわいいというか笑えるというか。
 この話の中に出てくる黒猫さんも、事故で死んでしまってかわいそうなのだけど、悲惨さはなく、何だかけなげでホロリとさせられてしまいました。
 まあ、我が家の猫どもはホメても「当然でしょ」って顔しますけどねー。ホメて育て過ぎたか。(笑)

結界師 第二十七話「最高幹部十二人会」 (2007/07/02 放送)

良守が教師の黒須(くろす)に憑依した黒猫の霊に気付き、対処法を思案する。(中略)
 黒猫の霊は放っておくと烏森の力で妖になってしまうため、良守は霊が黒須に執着する理由を聞き出して解決しようと考える。(中略)
良守は職員室に行き、黒須に猫の事を訊ねる。すると、黒須は学園に出入りしていた黒猫の事を思い出して語り始める。黒須が見かける度に褒めてあげると黒猫は少しずつ懐いたようだが、最近は見かけていないという。 (中略)
黒須は教師の青木(あおき)から黒猫が学校の前で車に跳ねられ、死んだ事を知らされる。黒須は黒猫と出会った芝生の所へ行き、黒猫との思い出を回想する。
そして、黒須は芝生で黒猫の置き土産らしきスズメの死骸を発見。黒須が黒猫を褒めるように独り言を呟くと、黒猫は満足して静かに成仏していく。結界師公式サイト あらすじより引用


 しかし、現実には、ホメてもらえても悲し過ぎる話がたくさんあります。

 無責任飼い主の罪 犬猫殺処分 年40万頭(讀賣新聞 ズームアップ・ウィークリー)

 街をさ迷っていたところを保護された老犬は、引き取り手もなくフィラリアで体調が悪化したため、安楽死されることに。

スペックル(オス・推定10歳以上)は好物のおやつをもらい、しっぽを千切れんばかりに振っていた。女性職員が抱きかかえて「いい子だったね、しんどかったね」と頭をなでた。

 獣医師は安心しきったスペックルの前足に注射針を差した。職員たちは笑顔を絶やさず、最後まで語りかける。獣医師の親指がすっと押し込まれ薬が入ると、頭がぐらりと前に倒れた。見開いた瞳に苦しみの影はない。静かな最期だった。……

 温かい腕に優しく抱かれ、「いい子だね」と声をかけてもらいながら、苦しむことなく逝く。動物管理センターでガス室に送られるよりは、ずっとマシな最期ではあると思う。けれど、この子を抱いた腕は、長年一緒に暮らしてきた家族ではなかったことが悲しい。捨てられたのか迷ったのか。迷ったとしても、家族は探さなかったのだろうか。おそらくは10年以上、一緒に暮らした子だったろうに……と思うと、やり切れない気持ちになる。
 犬にも猫にも感情はある。愛情ももっている。「結界師」の黒猫のように、自分を認めて(愛して)くれた人に執着もするだろう。
 安楽死の是非はおいといて、どうしても最期まで世話ができないのなら、せめて犬や猫が愛する人の腕の中で、家族が見守り、眠らせてあげて欲しいと思う。
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-07-05 12:36 | ねこだすけ | Trackback | Comments(4)
靴の上から痒いところをかいてる気分
 日本テレビのドラマスペシャル「どうぶつ119」を観ました。
 色々とツッコミたいところは多々あれど(動管センターのとことか)、やはり最大は、モモ(ダックスフント)を捨てた飼い主(育児ノイローゼぎみの栄太の母)の言葉でした。

「モモは私がペットショップで買って来た私の犬なんだから、(捨てようと)どうしようと私の勝手です。他人にとやかく言われる筋合いはありません」

 待て待て待て、待て!

 犬(愛護動物)を捨てるのは、「飼い主の勝手」とかの問題じゃありません。犯罪ですからっ!

動物の愛護及び管理に関する法律(環境省pdfファイル
第六章 罰則
第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
3  愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。


 ドラマの進行上、「お母さん、それは犯罪なんです。飼いきれないと思ったら里親探しをしてうんぬん」なんて、速水もこみちが説得するシーンを入れることはできないのかもしれないけど、こういうドラマでちゃんと法律説いたところを見たことないんだよねぇ。真っ向から動物問題を直視したようなドラマは大歓迎だけど、そういうとこもちゃんとつっこんでくれ~~と思ってしまいました。

b0058448_310237.jpg

 てちゅりん:「ねぇねぇ、ねねちゃぁぁん、遊ぼーよぉ、あそぼ~」
 ねね:「…………」(考え中/ちょっとうっとぉしいんだけど、どーしよーかなー)

 この後、結局取っ組み合いになりました。
 てちゅりんは誰とでも仲がいいのだけど、猫づき合いが嫌いなねねが、てちゅりんだけは受け入れている風なのがおもしろいです。ちなみに、ねねの姉妹・ももの猫づき合いの悪さは我が家1。てちゅりんさえもダメです。
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-06-30 23:59 | ドラマ・アニメ | Trackback | Comments(8)
年度の変わり目はいろいろと
 本日、自分がダウンしていたので、みるくを病院に連れて行かれませんでした。(--;)
 頭が痛いとか少々熱があるとかならちょっと無理してでも行ったんですが、さすがに腰痛は如何ともし難く……なんせ自分ひとりが階段上るのも一苦労でして、4kgのにゃんこ抱えて階段上り下りして行くのは無理でありました。ダンナも今日は休日出勤でいないし、代わりに行ってくれる人もなし。

 昼前、みるくを観察しつつ思案。普通にカリカリも食べられているし、左下の牙がないのを発見した時に血が出ていなかったところを見ると、たぶん抜けた直後ではなかったんだろうと思います。薬を飲ませられないのは困ったものだけど、緊急性はないと判断して、なんとか月曜日までに腰痛を軽くして連れて行くということで結論しました。うぅ、腰痛はたたるなあ……。(´へ`;)

 昨夜、ダンナは飲み会で深夜2時過ぎに帰宅しました。仕事で2時過ぎなんてのはよくあることなんですが、あまりお酒が好きではないダンナが飲み会で遅くなるなんて滅多にないことです。珍しいこともあるなあと思ったら、ダンナが主役の1人だったそうです。4月から違う課に移動になるんでお別れ会だったとか。そういう季節ですな。来月は、今度は歓迎会が続くんだろうな。

 テレビも番組改編期で、楽しみにしていたドラマやアニメが次々終わっちゃいました。
 今期、一番おもしろかったドラマは「ひみつの花園」でした。主役・釈由美子と4兄弟のラブコメ中心と思いきや、根底に「兄弟愛」なところが私のツボでありました。続編やってくれないかなあ。あ、でも、花園ゆり子の秘密は全部暴露されちゃったから、もう「ひみつの花園」じゃないか。(笑)

 で、アニメ。
 来期からの新番組をチェックしてたら、えらいこといっぱいになっちゃいました。全部で16作品。そんなに観るんかい! と自分でツッコミ入れちゃいましたが、たぶん観続けるのは2、3作でしょう。(^^;)
 とりあえず、30年ぶりに復活!? な「地球(テラ)へ…」は必須かと。なんか絵が思い切り原作と違うんですが、20年ちょい前、映画化した折りも絵は似てなかったしなあ。竹宮恵子氏の絵はアニメにはしづらいのかも。
 映画版といえば、トォニィの扱いが原作とはまるっきり違ってましたが、映画版のトォニィ、あれはあれで好きでした。懐かしいな。今度のアニメは原作通りのトォニィになるのでしょうか。ちょっと楽しみです。ああ、でも、ソルジャー・ブルーの顔が……違いすぎる。(T_T) ソルジャー・ブルーだけでも原作に似せてほしかったですー……。
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-03-31 20:22 | 日記 | Trackback | Comments(4)
実はスポーツ好き?&「ガッチャマン篇」
b0058448_11494786.jpg

Vリーグに見入るピカさん。バレーボールも好きらしいです。(私は他のを見たかったのに~(涙))

 NTT東日本のテレビCM、SMAPキャストによる「ガッチャマン篇」が2月22日限定で“再放送”されたらしいです。(なぜ「猫の日」限定?(^^;))
 そんなの知らなかったし、たまたま見ることもなかったので見逃したのですが、NTT東日本 TV-CM「ガッチャマン篇」のページで3月末まで公開されていて、そっちを見ました。
 正直に言うとSMAPはどうでも良くて――っていうか、ムリヤリSMAPメンバーにキャラを当てはめているから、ゴローちゃんが白鳥のジュン役だったりして、なんだかなあ、な気分。スマスマのコントじゃないんだからさ、女役はやめようよ、女役は。――アニメ篇のキャラがかっこいいのですよ。

 コンドルのジョーがごつくないか? とか、
 つばくろの甚平がかっこ良すぎないか? とか、
 みみずくの竜はもっと太っているだろう とか、
 思わないでもないのだけれど、映像がとにかくいい! 時代は進化しているのね、としみじみ。
 以前、OVAでリメイクされたことがあったけど、このキャラでこの水準で、またリメイクしてくれないかなあ。今なら、最初の「ガッチャマン」と比べることなく、まったく別作品として楽しめそうな気がするんだけど。
 5年や10年でリメイクされると、つい旧作と比べて「技術は上がっているかもしれないけど、作品としては前の方が良かった」なんて考えがちだし、何より声優が変わってしまうのがダメなので受け付けられなかったりする。作品としてより高い完成度になっていても、声のイメージってやっぱり最初を越えられないものだ。でも、「ガッチャマン」はもう1作めの放映から30年近く経っているんだよね。(「ガッチャマン」は、「1」「2」「F(ファイター)」の3作がある)
 まったく違う今風の「科学忍者隊ガッチャマン」、見てみたいものです。
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2006-02-25 12:18 | うちの猫 | Trackback | Comments(4)
もののけ姫
 昨年の秋に金曜ロードショーで放映された「もののけ姫」をDVDに録画したまま放置していて、今日、観ました。

 うちのDVD、Hardに100時間は溜め込める程キャパがあるんですが、調子に乗って録りまくっていたらさすがに容量がやばくなってきたので、慌てて整理中。
「もののけ姫」観る前は、主人公KABA.ちゃんの役をKABA.ちゃんが演る変な2時間サスペンス「おかしな二人 伊豆・天城越えオネエ旅 女郎蜘蛛伝説殺人事件」も観てたり…。これは今年の2月放映だったらしい。(^^;)
 KABA.ちゃんサスペンス(笑)は、最初のうちは進行がダラダラしているみたいであまりおもしろくないな~と思っていたのだけど、だんだんとテンポが良くなっていって、楽しめました。SHAZNAのIZAMがKABA.ちゃんのライバルおねえ(おかま)演っているのにはびっくりした。(笑)
 ただ、KABA.ちゃんのセリフ回し、ちょっと辛かった。(^^;) もう少し演技上手になってくれると尚おもしろいと思うんだけどな。

「もののけ姫」は、宮崎アニメの中でも、重いテーマをストレートに全面に出した作品ですね。見応えはあるものの「おもしろい、楽しい」というものではなかった。「風の谷のナウシカ」をずっと重くした感じ。宮崎さんの中ではライフワークなテーマなんだろうなあ。アシタカの村みたいな暮らしは、憧れるけど、現代社会の中で育った私にはムリだろうな。自然の中で、自然に逆らわず、自然と共に生きられれば、人が背負っている問題の半分は解決するんじゃないだろうか、とは思うけれど。
 全然関係ないけど、エンディングテロップ見てびっくり。以前勤めていた会社に、勤めていた当時の先輩の名前が。まだあの会社にいらしたとは! というか、既に部署のトップなんだろうなあ。(筆頭で名前が出ていた) 時の流れを感じます…。
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2005-09-14 23:59 | ドラマ・アニメ | Trackback | Comments(0)
| ページトップ |