Top

11猫の賑やか大所帯も今は昔。うちの子1にゃん1わんと預かり3にゃんを中心にまったり日常語り。なんとなく、さりげなく更新再開中。
by.マナ(mana_blog)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
本サイト
他のblog
カテゴリ
全体
About blog
更新情報
うちの猫
保護猫・育生ちゃん
日記
ねこだすけ
里親募集
トム君預かり日記
預かりっ子
ドラマ・アニメ
Dolls
ゲーム
お庭計画
バーチャルペット
お題拝借
映画鑑賞
雑記
うちの犬
携帯版猫フォト日記
未分類
最新の記事
『あなたのウォールを、貸して..
at 2017-05-01 03:57
ピカ、虹の橋へ。うちの子はと..
at 2015-11-22 18:41
鎌倉市で起きた多頭飼育崩壊(..
at 2014-07-07 01:27
鎌倉・多頭崩壊猫のこと
at 2014-07-07 00:52
【転載】*拡散希望* 動物た..
at 2014-06-02 00:37
最新のコメント
>ちこさん 承認が遅く..
by mana_blog at 02:21
ピカちゃん、17歳・・ ..
by ちこ at 11:55
>びー母さん 承認..
by mana_blog at 17:30
あら~、更新されていたの..
by びー母 at 12:26
>おぬピさん レスがう..
by mana_blog at 02:58
おひさしぶりです~ ..
by おぬピ at 20:52
>くろさん お隣りに桜..
by mana_blog at 16:22
自宅の屋上で花見ができる..
by neco_no_koolon at 10:06
最新のトラックバック
from * Doll Days *
お迎えしました~♪
from * Doll Days *
猫のRSS情報
from 猫カフェ
今日は暑いらしい。
from 日向でほっこり。
ボアスリッパの季節です
from 十猫十色@MilkyCat
タグ
(96)
(88)
(59)
(43)
(42)
(21)
(18)
(13)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2017年 05月
2015年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 05月
more...
記事ランキング
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぽっとの陽だまり研究室
「週刊ちゃっぴー」別館
動物園へ行こう
里親さん募集中【保護猫日記】
移動動物園
街の歩き旅画像(東京その他)
のらねこ。 (野良にゃ...
kanami's-diary
おいら宇宙王子きっちゃん
それ行け、かーちゃん、ほ...
堀 浩二 悦びの広場 T...
がんばる猫
ねこのきもち
blog 漱石サロン ラ...
Street Cat's...
日刊エキブロ新聞
祈りよ届け 願いよ叶え
ぱたにゃん@BLOG
茶タローくぅぅぅん.2
ティエタのアニマルファーム
ソフィーの碧い空
ミラクル・オラクル タロ...
「両手のない猫」チビタと...
大杉漣の風トラ便り
ゆきももこの猫夢日記
Animal Skin ...
Gana baby's ...
rubyの好きなこと日記
Sakuraのアトリエ ...
ご褒美はかつお節で(旧館)
新・間違いだらけの猫カフェ選び
らっきょさん
カードセラピー @横浜
リンク
ブログジャンル
検索
ライフログ
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
タグ:病院記録 ( 13 ) タグの人気記事
Top▲ |
自宅補液中
 以前はPC部屋で寝ていた秀ですが、今は寝室のベッドの上で寝ています。
 普通ならベッドの上で猫らが寝てても一緒に寝るんですが、体調が不安定な秀にベッドを譲り、ダンナは和室に布団を敷いて寝ています。
 しかし、人間と違って猫たちはエンリョなし。場所が変わっても、秀のために整えてやる寝床は他の猫たちに占領されちゃったりしてます。(^^;) そいつらをどかしても秀が寝るとは限らないのが難しいところ。それでも、PC部屋のソファの上よりはベッドの方が広いので、寝場所がなくなることもなく、安心して寝ていられるようです。
 秀が寝室に移動したので、私もPC部屋に 篭もる口実がなくなり いられる時間が大幅に減りまして、blogもサボりがちに……(って、言い訳かぁ?(笑))

 秀は一時吐き気がひどかったこともあって食欲があまり出ないようで、先週から自宅補液を始めました。本当は入院して静脈点滴ができれば一番いいんですが、通院ですらストレスのあまり具合が悪くなってしまう子なので、入院したらかえって悪化する可能性も高く、とうとう覚悟を決めることになってしまいました。

 いやもう、最初に針を刺す時は手が震えましたよ~。(:_;)
 1週間以上経ちましたが、未だに針を刺す時は、「この場所で本当にいいんだろうか」と怖い。でも、ネット検索して、ぎゃおす王国~猫の慢性腎不全と便秘についてというサイトを見つけて読んだところ、背中であればそれほど神経質にならなくてもいいらしいとわかって、ちょっとホッとしました。

 家での補液は、病院とは比較にならないくらいストレスがかからないし、お陰でずいぶん楽そうになってきてくれてますが、やっぱり嫌がって暴れるので保定は必須です。
 朝はダンナがやってくれるのですが、午後はなんと、お隣さんが毎日来てくださってます。偶然、動物病院の待合室でお会いして(ワンちゃんのワクチンにいらしていた)、手伝ってくださることになったんですが、毎日来てくださるなんて普通なかなかできないことですよね。それを思うと申し訳ないやらありがたいやら……。お隣さんが手伝いを買って出てくださらなかったら、午後の補液は絶対にできなかったと思うと、一生足向けて寝られないです。
 時間があるときはおしゃべりもして、なんだか私まで元気にしてもらっちゃっているし。近所付き合いがおかしくなっている昨今、こんな良いご家族が隣に引っ越してきてくれて、奇蹟みたいな幸運だったなあ、と思ってます。

 秀は、吐き気がだいぶ治まってきたみたいなので、後は食欲がもう少し戻ってくれるといいんだけどなあ。強制給餌で食べさせ過ぎると吐いちゃうし。(--;) まあ、焦らず気長に考えようとは思ってますが。

 補液のコツは、日本ヴェツ・グループの下記ページも参考にさせていただいています。
http://www.pet-hospital.org/guidance10173.htm
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-11-06 19:19 | うちの猫 | Trackback | Comments(10)
犯猫はお前だ!
 猫トイレに設置したカメラ、今朝、血便の犯猫がばっちり映っておりました。

 やはり、予想通りピカでした。

 とりあえず便だけ持ってって検便してもらいました。以前、猫回虫と甲虫が出て、その時もピカは連れて行けなくて薬をもらって帰り、一度だけ決死の思いで(?)飲ませるのに成功したことがあったんですが、その成果があったのか? 今回は虫は何も出ませんでした。まあ、お腹の虫は、成虫じゃないと検査結果に出て来ず、たまたま卵の時期である可能性もゼロではないんですが。

 とはいえ、厄介な虫が出なくてやれやれです。腸のバランスが悪いということなので、悪玉菌を減らしてお腹の調子を整える2種類の薬が出ました。が、今回の薬! 2つとも粉薬なんですよねぇぇぇ……(*_*) どーやって飲ませよう?
 前の時はシロップだったので、油断して寝ている時に口の中にピュッ! と押し込めたんですが、粉じゃそうはいかないよねぇ。
「ゴハンに混ぜてもいいですよ」
 と言われて、試しに大好きなパウチのウェットフードに混ぜてみましたが…… なんか、用心して食べてくれないよー。うーん。寝ているところへわざわざ持って行って差し出したのが失敗だったか。今度はゴハン時にさりげなく出してみるか。前より懐いてきたから、シロップだったら楽勝だと思ったのになあ。甘かったわ。(^^;)
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-10-18 15:03 | うちの猫 | Trackback | Comments(6)
秀・ブジ補液完了
 昨日の夕方までは少しとはいえゴハンを食べていたけど、夜以降、全然食べなくなって今朝も食欲回復しなかったので、予定より早く朝一で病院へ。
 昨夜と今朝連れて行く前に、「具合悪いのを治してもらいに行くんだからね」「治療してもらえば楽になれるよ」「怖くないからね」とよーく言い聞かせたのが効いたのか――は、甚だ疑問ですが、前足ではなく背中(皮下)への点滴(補液)だったせいか、大パニックということもなく、なんとかブジ完了しました。

 秀はどうやら針を刺す瞬間の「チクッ」が苦手みたいで、針を刺すと同時に飛び上がってしまうので、そこさえクリアすればまあまあ大丈夫そう。ただ、時間が長いとだんだん恐怖が増してくるようでパニック起こしそうになっていたので、やはり長い時間かける点滴(人間と同じく血管に薬を入れる点滴)は無理みたいです。
 本当はしばらく入院・点滴した方が回復は早いのだけど、治療がかえってストレスになるタイプの秀はそうもいかず、とりあえず、明日、また補液に行くことになりました。

 補液は、腎臓のためにも良いし体液のバランスを調整するのにも良いので、月1回~週1回くらいやる方が良いのだそうです。

 猫ボランティアサイトを通じて知り合いになったまたたびハウスのと・ろ・ろさんは、腎不全の子を看取り、今も2猫抱えていらして、ご自分で補液(皮下注射)をされるのだそうです。秀も家でそうした方がいいのかもしれないな~と思い、先生にもちょっとそういう話をしました。
「ご希望なら、家でする方法も考えましょう」
 と言ってくださったのだけど、家でするということはイコール私が注射をしなきゃいけないわけで……正直、ちょっと自信ないというか怖いなあ。

 まあ、もう少し考えよう……。

 病院で計ってもらったら、体温が上がってこないとのこと。熱はないということなのだろうけど、体温が低くなっているのはあまり良いことではないし、寒そうなので、秀がいるPC部屋はエアコンの暖房を稼動させました。でも、こまめに私が温度調整できる昼間はともかく、夜はどうしようかなあ。湯たんぽとか置いてあげたほうがいい気がするけど、湯たんぽない。買いに行くか? って、どこ行きゃ売ってるだろう?(^^;)

 しかし、ゴハンは、昼にちょっと舐めた程度でまだ食欲回復せず。秀のために開けた猫缶やパウチはぜーんぶ千弥介以下他の猫たちがたいらげています。無駄にならないってことだから、まあいいけどさ。(T▽T) これだけ猫缶やパウチゴハン(しかもプレミアムフードではないもの)をたくさん食べられるなんてことは今までなかったもんだから、そりゃもう大はしゃぎな皆様。後が怖いです。

 私は2晩徹夜が効いたのか、左顔半分全体が痛むくらいの偏頭痛が治りませ~ん。(T_T) むかしは3日3晩完徹しても平気だったのに、やっぱ寄る年波には勝てないのねー…。(凹) まあ、さすがに3晩完徹はハタチの時でしたが。(そんな年頃と比べるなって(^^;))

b0058448_17334983.jpg

 PCの後ろに置いているフリースのソファカバーをしたソファーの上に毛布2枚とクッションで簡易つぐらを作ってあげて、そこで寝てます。
 他の猫たちも部屋に入って来ちゃうのが難点だけど、閉じ込めるわけにもいかないし……。まあ、みんなもう子猫ではないので秀にちょっかいかけることはないんだけど、ウロウロがたがたしてうるさいよ。みんな、病猫の傍では静かに!(^^;)
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-10-16 17:22 | Trackback | Comments(8)
秀・覚え書き2
引き続き、自分のための覚え書きです。

朝5:00過ぎまでPC部屋で一緒にいて、砂糖水とポカリスエットを飲ませてから仮眠。ただし、よく寝ているようだったので、3:00過ぎからは30分おきではなく1時間弱おきに飲ませていた。

8:30過ぎ ゴハンを口元に持って行くと食べた。だるそうにというより、カツカツ、という感じでしっかり食べたので、食欲はあるらしい。

9:00過ぎに病院へ相談に。(秀は連れて行かず)
病院から帰った直後~14日朝方にかけての、体が弛緩する発作と吐くのは注射のアレルギーではないとのこと。薬によっては吐き気の副作用が出るものもあるが、そういう薬ではない。
発作は極度の緊張状態のための一時的なものか、もしくは後天的なてんかんの可能性あり。または甲状腺機能亢進症(?)の場合もある。いずれにしても、今の段階では何ともいえない。
風邪薬は、吐き気がある以上、中止していて良い。
ゴハンは、腎臓のためにはシニア食・療法食を食べさせるべきなのだが、とにかく何も食べないと脱水症状が進むので、今はとりあえずパウチパックで良い。ただし、スプーン2杯くらいの少量ずつ5~6回に分けてあげること。(吐かないようにするため)
砂糖水とポカリスエットは、これで脱水症状が解消することはないが、悪化することは抑えられるので、30分おき2ml程度与えるのは続けていた方が良い。本当は皮下点滴をした方がいいのだが、病院に連れて行ってまた興奮して悪化するといけないので、もう少し落ち着くまで様子を見ることにして、明日の午後、連れて行くことに。

10:20過ぎ 家に帰ってポカリスエットを飲ませると、吐く動作と同時におしっこを漏らした。吐く物は出ず。飲ませたばかりのポカリが数滴くらい(?) 昨日の夕方から少しずつとはいえずっと飲ませていたので、溜まっていたらしい。歩けなくはないのだが――実際、ソファからPC机の上に飛び移ったりしている――トイレに行くのがだるかったのか。
このままPC部屋で過ごすことになりそうなので、PC部屋に簡易トイレを置いた。
吐き気が出たので、ポカリと砂糖水は、1~2時間お休み。


さすがに私もバテてきたので、この間にちょっと寝ます。おやすみなさい。(_ _).。o○
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-10-15 10:51 | うちの猫 | Trackback | Comments(4)
秀・覚え書きとトイレカメラ設置
 どのタイミングで異常と判断するかということは、本当に難しいものだとつくづく感じています。苦しいとか辛いとか猫は言ってくれないしね……。
 以下、ここ3日間を整理して考えるため、自分用の覚え書き。

【秀】
11日 (木): いつもは朝から私につきまとって、「洗面所行くー」「キッチンに入れろー」と大騒ぎするのに、午前中ずっと静かだった。
心なしかぐったり寝ている気がする。
食欲はあるみたいだ。
夕方起きて来た時は、いつも通りの元気の良さでダンボールをバリバリ。気のせいだった? でも、鼻水がいつもより出ていてグシュグシュいってるし、やっぱりいつもより寝ている時間が長い気がする。

12日 (金): やっぱりちょっと元気ないなあ。いつもほどゴハン食べてないし。でも食欲はあるみたい。昨日よりは起きている時間が長いし、いつもに近い。でも、「ぎゃおー! ぎゃおー!」と大騒ぎしないなあ。

13日(土) : どうも朝からゴハンを食べていないみたいだ。歩いていても、廊下だろうと構わずすぐにグッタリと寝転んでしまう。これはどう見てもやっぱりおかしい。
午後2時、病院へ。
熱はないが、青っ洟が出ているし目やにもあるので、“風邪の症状”。
といっても、改めて風邪をひいたのではなく、もともとキャリアではあるので、症状が出てきただけ。
ビタミンCと、インターフェロンではないけれどインターフェロンと同じ働きをする薬とを注射。が、怖かったのか痛かったのか、針を刺した途端に暴れて針を抜いてしまうこと数回。しかたがないのでカラーをつけて、2人がかりで押さえることに。それでスムーズにいけば良かったのだけど、血管が細いのか血行が悪くなっているのか、なかなか針が刺さらなかったり刺さってもうまく薬が入っていかなかったりで、何度も針を入れ直した。
最初、右前足にしていたのだけど、針が刺さっても薬が流れていかないので、最終的に左前足でようやく成功。しかし、ただでさえこの注射は、ゆっくり薬を入れていくので時間がかかるのに、余計な時間がかかったうえ押さえ込まれる恐怖で大パニック。

なんとか注射も終え、薬をもらって家に帰った後、ぐったり具合がひどくなった。
帰宅後30分くらいして胃液か水を少量、吐く。興奮したせいかと思い、しばらく寝ていれば回復するかと思ったのだけど、夜になってもぐったりしたままで、何度かえづくこと(吐く動作だけで物は出ず)があった。
夜、水を一度にたくさん飲んだのか、大量に水だけを吐いていた。夜になっても食欲全くなし。病院に連れて行く前より状態が悪化している感じがした。

夜、抱き上げて下に降ろすと、いきなり体が弛緩して、くたくた犬みたいに体に力が入らなくなってしまい、大声で苦しそうに鳴いた後、えづくということが数回あった。体の弛緩はすぐに治まって、治まると普通に戻る。まるで発作のよう。
一度だけ、自分で乗ったダンボール箱から降りた後にも同じ症状。

何度も吐く(実際には何も出なかった)、おかしな発作が起こることの原因として、2つ考えてみた。
1.薬にアレルギーがあった実家猫のミュウと症状が似ている気がする。ひょっとして薬のアレルギー?
2.発作は、私が抱き上げて下に降ろした直後に起こっている。もしかして病院での恐怖からくる心理的なもの?

その発作が2、3度目に起こった後(ダンボール箱から飛び降りた後の発作)、急に食欲が戻り、少しだけゴハンを食べていた。病院に行ってから12時間近く経過していた時間だったので、薬が抜けたせい?

私が傍にいた方が落ち着くようなので、朝方までリビングで一緒にいた。
時々洗面所に行きたがり、水を飲みたがるそぶりを見せるけれど、実際に水を出してやってもあまり飲めず。ウォータードームでも同様。なぜか洗面所や風呂場でしゃがみこんでじっとしていたい様子。

14日(日) : かかりつけの動物病院は休日。救急病院に行かなければならないほどの緊急性はないと判断。アレルギーの疑いがあるので、もらってきた風邪薬は飲ませるのを中止。

am5:30 毛布の上で丸くなって寝始め、落ちついたように見えたので、私も寝室に引き上げて仮眠。
am8:30 様子を見に行くと、まだ毛布の上で寝ていた。私が朝ごはんを食べている時にゴハンをあげてみると、少しだけ食べる。
その後、PC部屋に移動。電源の入ったPCが暖かいからか、PCにくっついて寝始めた。昨日よりは落ち着いていて吐くこともなく、吐き気もあまりなさそう。食欲は少し戻っている。

落ち着いて寝ていたので、私ももう一度布団に潜り込んだ。

やはり時々洗面所に行きたがる。昨日よりは水道から出した水を多めに飲めた。相変わらず風呂場にしゃがみこむ。
皮膚を引っ張ってみると、戻りがあまり良くない。脱水症状を起こしていることは間違いなさそうだったので、夕方から、ネットで調べて作った砂糖水と、2.5倍に薄めたポカリスエット(通常は1.5~2倍でいいらしいが、腎臓への負担を考えて薄めに)を、30分に1回、2ml前後ずつ飲ませている。あまり効果は出てない気もするが、何もしないより少しはマシかな。
朝以降、ゴハンを食べていなかったので、深夜1:00過ぎ、口元にゴハンを持って行ったら食べた。療法食は食べないので、本来は副食のパウチパックのウェットフードをあげている。食べないよりはマシ…。

明日朝一で、秀は連れずに病院に行って相談する予定。
・13日当日の状態は、薬のアレルギーだったのか、心理的なショックに寄るものだったのか?
・風邪の症状は今の時点で落ち着いていて、鼻水・目やには出ていないのだが、薬をどうするか。
・脱水症状があるので、輸液をした方がいいと思うが、13日のパニック状態を考えると、連れて行ってもいいものかどうか。
・ぐったりしているのは、脱水症状のせい? 腎臓が悪化して尿毒症を起こしている?


【別件】
 昨日、またトイレに血便があったので、監視カメラ設置。……今回は、たぶんピカ。ピカもだいぶ慣れてきたので、血便の主がピカとはっきり確証が出たら、病院に連れて行くのは無理でも薬は飲ませられるかも…。
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-10-15 03:57 | うちの猫 | Trackback | Comments(0)
どうやら本格的に風邪
 どうやら本格的に風邪ひいたっぽいです。ぱたり。(#/__)/

 2、3日前から午後になると37~37.3度くらいの微熱が出て、でもそんなに辛いということもなくて、なんだろうなーって思っていたのだけど、今朝からちょっと咳が出る。でも喉はそんなに痛くない。これはもしかして、ウィルス性ではなく引き風邪だろうか…。
 辛くないのが救いだけど、変な動悸が復活してるな。ひょっとして不整脈? 体調悪いことは確かだろうねぃ。(^^;)
 とはいっても、今現在、薬飲ませてる子が3猫もいるので、1日中寝込んでる訳にもいかないし、ぼーっと録画したDVDを消化しつつ過ごしてます。月末までには治さないとな~。


------------------
 ってわけで、以下は猫らの病院めも。

4/17 am8:30
トイレの外に血混じりの粘液状の便が少しあって、それを幸が一所懸命隠そうと周囲を引っ掻いていた。トイレを覗くと血便あり。ダンナが見かけた時は、ピカがトイレの中を掻く仕草をしていたとのことで、その時点ではピカなのか幸なのかわからず。(カメラ稼動していなかった(--;))
トイレとこぼれたところを掃除している間に、幸が目の前で血混じりの粘液状便をしたので、幸と判断して、そのまま病院へ連れて行った。
便検査の結果は、みるくと同じ。細菌類や虫はいなくて、“いていい菌”の数が多くてバランスが悪いせいで、血便になったのだろうということだった。
お腹の調子を整える注射1本と7日分の薬が出た。

今現在、投薬中の子
みるく:シロップの薬1種類。スケーリング後の、口内の消炎剤及び痛み止め(?)。7日分
秀  :コバルジン。腎臓の薬。
幸  :錠剤2種類、粉薬1種類、7日分処方。


 私も早めに病院行った方がいいのかな~。でも、今行っても医者は相手にしてくれそーにないしな。(^^;)
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-04-18 15:38 | 日記 | Trackback | Comments(6)
桜カステラとみるくスケーリング終了
 昨日は友人が貸していた本を返しがてら遊びに(? 猫たちに会いに?(笑))来てくれまして、お土産に銀装の桜かすてらをいただきました♡ 桜かすてらは季節限定。ほんのりと桜の香りと味がして、なかなか美味でしたが、ついつい2切れも食べちゃったので、今日は体重、ちょっと増えてました~。(^^;) でも美味しかったから良いのです♪ たまには食べないとストレス溜まるしね。( ̄ー ̄) また明日からがんばります。(って今日からじゃないんかぃ!)

 本日は、なんとかみるくをスケーリングに連れて行けました。
 昨夜、またまた夜10時にゴハンとお水をしまい忘れてしまい、日付けが変わるぎりぎり午前0時に大慌てで撤去。ふだん、夜中もパリポリつまみ食いしている猫たちからはブーイングでしたが、みるく1猫だけゴハン抜きにはできないので、しかたありませぬ。

 お陰で朝も早よから「お腹空いたよ~」の大合唱でしたが、みるくをキャリーに押し込んで、ダンナに、
「猫たちにゴハンあげといて」
 と言って病院へ行き、帰ってみると、山盛りのカリカリが器に残っておりました。
「誰もがっついて食べなかったよー」
 と、ダンナ。考えてみれば、たかだか昨日の夜中から朝9時過ぎまでの絶食。たいして飢える訳もありゃしませんね。カリカリは「常に置いてあって好きな時に食べられるもの」と思っていて、それが無いという状態が不満だったのか……。うーん、これって問題かも。

 スケーリングは問題なく終わったようで、夕方には迎えに行けました。麻酔もほぼ覚めていたようなのだけど、少しフラフラしていて階段からころげ落ちること2回。(^^;) 2回とも大慌てで支えましたが、どうも私を警戒しているようで、側に行くとフラつきながら小走りで逃げるから、かえって危ないため、しばらく放っておくことにしました。まあ、走れるくらいなら大丈夫だろうし。
 しばらくして様子をそーっと見に行くと、本箱の最下段(猫たちが入りたがるので中は空)で寝ているようなので、そのままにして買い物に行きまして、帰って来た頃にはすっかり落ち着いたようで、夕飯の支度をしている間、ダンナの膝の上でくつろいでおりました。
 これで歯肉炎も治まってくれるといいのだけど。

b0058448_033285.jpg

なんとなーくしょんぼりモードのみるくさん。ふだんから情けなさそうな顔をしているのだけど、涙目でぽしょぽしょと沈んでられると、それはそれは情けなくて 思わず笑ってしまい ヨシヨシ泣くんじゃないよ~と慰めたくなりますが、本猫は単に疲れているだけかも……。(笑)

b0058448_0401975.jpg

もも:「そんなにしょぼくれてないで、元気出しなよー」
(と、言ってるかどうかは知らない。(^^;))

[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-04-15 00:55 | うちの猫 | Trackback | Comments(2)
牙がない…
 トイレに設置してある監視カメラに珍しいコがひっかかりました。
 昼過ぎにトイレを見たら、血のついた便があったので、DVDをチェック。犯猫はみるくでした。さっそく病院へ連行。院長先生も、
「あれ? このコは(血便は)初めてですね?」
 と、ちょっとけげんな顔してました。
 はい、初めてですが、ばっちりしっかりカメラに映ってましたんで、間違いありません。

 検査の結果は、虫も出ず、特に深刻な異常もなく、正常な菌ではあるものの数が多いとのことで、腸の炎症を止める薬を注射して、1週間飲ませる薬が3種類、ステロイド3日分が処方されて帰って来ました。
 そして、夜。「そろそろ薬を飲ませようかなあ」と思ってみるくを見ると、何やら口をくちゃくちゃしていて、変。一瞬、吐くのだろうか、注射の副作用か? と慌てましたが、どうやらそうではなく、口そのものに違和感があるらしい。とっ捕まえて見ると……ない!

 左下の牙がない!!\(◎o◎)/!

 おまけにすっごい痛がる。こ、これはひょっとして、ねねやボクのような口内炎(歯肉炎)? しばらくして薬を飲ませようとしたら、案の定、ものすごく痛がりました。粉薬と錠剤は何とかごまかして飲ませたけど、シロップは沁みるらしくて、ダメでした。これは明日も病院だ……。あぁあ~。
b0058448_23592719.jpg
みるくよ、お前もか。( ̄□ ̄;)!! 


b0058448_042398.jpg

 この間、携帯版猫フォト日記にアップしたてちゅりん。PCに取り込んだので、ここにも貼ってみました。

 で、今日も――
b0058448_061914.jpg

 この場所がよっぽど気に入ったらしいです。(^^;)
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-03-30 23:59 | うちの猫 | Trackback | Comments(4)
お利口なんだかおバカなんだか
 先週金曜日、シンの吐いたものに血が混じっていたので、秀と一緒に病院に連れて行きました。
 診察の結果、
「内臓に異常はないし、血の混ざり方から考えても、食道より上からの出血でしょう」
 ということでした。
 カルテに寄ると、昨年の今頃も同じように血混じりの胃液を吐き、病院に連れて行っていて、その時も同じような診断でした。
「この子は、食道がちょっと弱いのかもしれませんね」
 と言われました。

 点滴みたいな注射をしている間、その顔を見て、先生が
「この子は甘えん坊ですね」
 と。

 甘えん坊なんてもんじゃないですよ、シンは。分離不安症の気があるんじゃないかってくらい、抱っこしてもらいたがるし、真夏の暑い時期でも、ほぼ毎晩、私の胸の上で私の顎を枕にして寝るくらいですから。(とーっても重いし、邪魔。(--;))
――と、言いたかったんだけど、シンちゃんの名誉のために(?)、
「はい、すごい甘えん坊です」
 とだけ返しておきました。(笑)
 5日分の薬が出て、昨日で飲ませ終わり。その後、吐くこともないし、大丈夫そうなのでとりあえず様子見です。

 さて、で、秀ちゃん。こちらは金曜日の時点で、ちょっと鼻水も出ていたので、風邪の薬ももらいました。腎臓の薬・コバルジンも飲ませているので、毎日、3種類のお薬を飲ませてます。さすがに嫌がって、毎回、大騒ぎなんですが、一昨日、飲ませている途中、手を緩めたらダーッと走って逃げて行き……


b0058448_18225374.jpg

 大慌てでリビングに置いてあったキャリーの中に入って行きました。
 どうやら「キャリーの中なら安全」と思っているようです。(笑) 病院通いでキャリー嫌いになるかも、と思っていたけど、その心配はなさそう。
 とはいえ……利口なんだかおバカなんだか、意見の分かれるところですねぇ。(笑)




お陰さまでブログ村「猫多頭飼い」ランキング、88サイト参加中、なんと24位です! 自分でぽちるくらいしかないだろうな~と思っていたから……びっくり嬉しいですーっ。\(^o^)/ 押してくださった方、ありがとうございます!
気が向いたらまたよろしく~♡→ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2006-09-27 18:38 | うちの猫 | Trackback | Comments(8)
帰って来ました~
 秀のお迎え時間は3時の予定で、3時半過ぎに病院へ。

「暴れて点滴の針を抜いちゃうと、数時間、血管を休ませてからでないと針を入れられないので、その場合は時間を延ばさなきゃいけないかもしれません」
 と言われていたけど、大人しくしていたらしく、予定通りに家へ帰って来ました。
 生まれてから一度もひとりきりになったことのない子だったから、大丈夫かと心配してたのだけど…… なんだか私の方が落ち着かなかったくらいで、秀はけろりとした様子。といっても、先生や看護士さんが抱き上げたり治療しようとしたりすると小暴れしたらしいけど。(^^;)

 何はともあれ、相手は再生しない臓器・腎臓。これ以上悪化しないように、少しでも機能を維持していく以外に方法はない。治療とは長いつき合いになりそうです。

-----19:57追加
b0058448_19545538.jpg

 さすがに疲れたのか、帰ってすぐに寝室に直行。ダンナのベッドで出したばかりの布団にくるまって寝てました。
 さっき起きてきて、缶詰のゴハンをぱくぱく。いつも通りです。(^^)
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2006-09-15 17:28 | うちの猫 | Trackback | Comments(3)
| ページトップ |