Top

11猫の賑やか大所帯も今は昔。20年の時を経て、全員虹の橋へお引越ししてしまいました。これにて当blogも店じまいとしたいと存じます。
by.マナ(mana_blog)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
本サイト
他のblog
検索
カテゴリ
全体
About blog
更新情報
うちの猫
保護猫・育生ちゃん
日記
ねこだすけ
里親募集
トム君預かり日記
預かりっ子
ドラマ・アニメ
Dolls
ゲーム
お庭計画
バーチャルペット
お題拝借
映画鑑賞
雑記
うちの犬
携帯版猫フォト日記
未分類
最新の記事
【更新終了のお知らせ】シン、..
at 2017-08-19 18:37
『あなたのウォールを、貸して..
at 2017-05-01 03:57
ピカ、虹の橋へ。うちの子はと..
at 2015-11-22 18:41
鎌倉市で起きた多頭飼育崩壊(..
at 2014-07-07 01:27
鎌倉・多頭崩壊猫のこと
at 2014-07-07 00:52
最新のトラックバック
from * Doll Days *
お迎えしました~♪
from * Doll Days *
猫のRSS情報
from 猫カフェ
今日は暑いらしい。
from 日向でほっこり。
ボアスリッパの季節です
from 十猫十色@MilkyCat
タグ
(97)
(89)
(59)
(43)
(42)
(21)
(18)
(13)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2015年 11月
2014年 07月
2014年 06月
more...
記事ランキング
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぽっとの陽だまり研究室
「週刊ちゃっぴー」別館
動物園へ行こう
里親さん募集中【保護猫日記】
移動動物園

のらねこ。 (野良にゃ...
kanami's-diary
おいら宇宙王子きっちゃん
それ行け、かーちゃん、ほ...
堀 浩二 悦びの広場 T...
がんばる猫
ねこのきもち
blog 漱石サロン ラ...
Street Cat's...
日刊エキブロ新聞
祈りよ届け 願いよ叶え
ぱたにゃん@BLOG
茶タローくぅぅぅん.2
ティエタのアニマルファーム
ソフィーの碧い空
ミラクル・オラクル タロ...
「両手のない猫」チビタと...
大杉漣の風トラ便り
ゆきももこの猫夢日記
Animal Skin ...
ご褒美はかつお節で(旧館)
新・間違いだらけの猫カフェ選び
カードセラピー @横浜
リンク
ブログジャンル
ライフログ
その他のジャンル
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
老人ホーム猫事件 殺処分中止決定、詳細
 Sさんから詳細なレポートが入りましたので、転載致します。

■まず吉報です!!!
捕獲された猫ちゃん、殺処分しないことが決定!!!

猫ちゃんは今、埼玉動物指導センター(本所)の方へ移され、
そこで、譲渡するか、センターで飼うか検討中とのこと。

センターで飼う?!・・・・不思議に思って訊いてみました。
センターでは、この猫はおとなしく、
職員がケージに、手で出し入れしてるとのこと。

つまり“凶暴な野良猫”では全くない。
センターは、今までのショッキングな報道を笑っていました。
(この子はきっと、捨てられた飼い猫でしょうね。)

ケージ飼いされるのが、ちょっと心配で訊いてみました。
センターには、スペースが少しあり、触れ合い広場になっていて、
そこで放し飼いするとのこと。
まだ譲渡の可能性もありますが、いずれにしても良かったです。
皆さんの、抗議の力です!!!

センターは沢山の抗議で、
電話のある机から離れられなかったそうです。

■■■もうこれ以上の抗議は、必要ないと思います。■■■

        ーーーーーーーー

猫ちゃんが助かったところで、
次ぎの問題は、報道で広められた間違った認識です。

■昨日に続き、今日は、東京新聞と毎日新聞へ抗議。

電話を受けた部署で、記事内容の問題点を話し、理解を得る。
(毎日は、更に埼玉支局へ担当の記者さんと直接話す。)

どちらにも参考資料として、私のレポート(情報)をファックスで送り、
検討をお願いして終える。

今回、皆さんへ配信したレポート(情報)に、
新たに加えた分があります。(以下、内容です。)

ーーーー
ーーーー

今回、以下の報道の問題を指摘させて頂きました。

1、警察は、猫と断定してないこと。
2、網戸は、元々ほつれていて動物が破ったのではないこと。
3、猫は、建物に囲まれた中庭に、2週間閉じ込められていたこと。
4、2、及び3、の状況からホーム側が、たとえどんな動物が犯人であれ、
ずさんな管理に原因と責任があるとして謝罪したこと。

今、「犯人は誰か」といった点に焦点があてられていますが、
以上の状況から、問題の本質はホーム側のずさんな管理にあること。

猫が、凶暴なのではなく、どんな動物も、
そして人間でさえ2週間閉じ込められ絶食させられていては、
思わぬ事故は起こりうること。
そうした状況下、網戸がほつれたまま放置され
その中に、身動きできない寝たきり老人が置かれていたことの異常さ。

これが、今回の事件の焦点になるべきこととご理解頂き、
猫や他の小動物が凶暴という誤った認識を与えるのではなく、
新聞の使命として、こうした管理のずさんさへの警鐘を、
社会へ発信して頂きたく、お願い申し上げます。

ーーーー
ーーーー

今回の事件は、「誰が犯人か」という点に焦点があてられていますが、
それは、それぞれが水掛け論で終わる懸念があります。

そしてなにより、誰(動物)が犯人であれ、
その動物が凶暴なのではなく、なるべくしてなったずさんな管理という、
事件の本質があります。

それゆえ、足の指を失ったご老人も、事件を起こした動物も、
共に被害者なのだと思います。

私たちも、新聞も、この本質を見失ってはいけないのではないでしょうか。
動物に罪はない。罪はホームにあると。
だから、ホームは謝罪したのです。
(どの動物も、自然なままに生きている。犯人探しは無意味と思います。)

■■■今回の事件は、動物問題ではなく管理の問題と思います。■■■

■13日17時16分更新時発信の毎日新聞に、
「猫は、約2カ月前から中庭にすみ着いた」の行がありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051013-00000019-maip-soci

これは、私のレポートと真っ向から対立します。
なので再度、毎日新聞に電話し担当の記者さんと話しました。

そこで記者さんと私のレポート、
「猫は、2週間前から中庭に閉じ込められていた」が正しいことを、
確認しました。
また警察の「猫が犯人とは言っていない」には、憮然としていました。

恐らく警察は、初動捜査の段階では軽い気持ちで話をし、
事件が大きく注目されてからは、慎重になったのでしょうね。

夕方、センターに電話し、殺処分の中止を聞いてから、
改めて、共同通信社、毎日新聞社、東京新聞社に電話しました。
共同と毎日は、このニュースを喜んで頂き、前向きな記事を書いてくれそう。
東京は、記者さんが直接話をしてくれなかったので、
分かりませんが、改めて書くことはするようです。

ちなみに、共同通信は北海道から沖縄までの各地方紙に配信。
東京新聞は中日新聞に配信。そして毎日新聞。
残るは、読売新聞と朝日新聞、サンケイ(スポーツ)。
これは、仕事で時間が取れないので、
月曜日までに抗議したいと思っています。

各地方紙、全国紙への抗議、宜しくお願いいたします。
(下のアドレスは、印刷用レポート。
このまま印刷し、必要に応じてご利用下さい。)
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/classis/neko/neko05.htm

※原文まま




以下は私の意見になります。

> また警察の「猫が犯人とは言っていない」には、憮然としていました。

 Sさんのレポート中のこの行に、「うーーーん」と思ったのは私だけでしょうか。
 猫が助かった今、一番の問題は「猫は人を襲う危険な動物」という認識を一般の人に与え、猫嫌いな人はもちろん、今まであまり猫に興味のなかった人たちにまで恐怖感や嫌悪感を与えてしまったことだと思います。その責任は、警察にあるのかマスコミにあるのか。警察は「マスコミの捏造」と言い、マスコミはその言葉に憮然とする。これを追求すると、水掛け論になりそうです。
 警察が、一番最初の発表で「猫が犯人の可能性が高い」と言っていたのであれば、マスコミがそう報道するのは当然のことでしょう。警察が軽率だったと言わざるを得ません。
 警察は、「中庭にいた猫を捕獲した」と発表したのに対し、マスコミがそれを、「猫を捕獲=人間でいえば逮捕に当たる=猫が犯人と断定した」という風に解釈して報道したのだとすれば、それはマスコミの方に責任があるといえるでしょう。

 しかし、こうした「言った」「言わない」と、責任をなすりつけ合うような議論は無駄なことだと私は思います。
 ゆるぎない事実として、
・ホームの女性が怪我をし、それが動物に足先を食いちぎられたような痕だった。
・被害者の部屋には血のついた動物の足跡があった。
・猫が中庭に閉じ込められていた。
 というのを繋ぎ合わせれば、「猫犯人説」が出てもおかしくない状況だったと思います。
 今回の件は、事件性はないと判断した警察があまり深く考えずに「猫が齧ったのかもしれない事故」と言い、マスコミが「猫が人を食べるなんて話はセンセーショナルで話題になる」と安易に大げさな報道をした、というのが一番事実に近いのではないかと私は考えています。

 今、すべきことは、どちらが言い出したかという責任を問うより、「間違っていた」とわかった時点で、訂正をし誤解を解くことではないでしょうか。
 この点においては、警察よりむしろマスコミに責任があると思います。警察には報道の軌道修正はできません。
 このまま、猫が誤解されれば、猫への虐待や猫好きの人への偏見などが生まれないとも限りません。
 何より、野良猫を地域猫として管理して自然な状態で野良猫を減らし、「糞尿や植木鉢を倒すなど、庭を荒らされた」「ゴミ箱を漁られた」「車の上で寝ていて車を汚された・傷つけられた」といった被害を防ぐことを目的とした「地域猫プラン」を進める上でも、障害になり兼ねない誤解だと思います。
 マスコミ各社には、正しい続報をお願いしたいと思います。



【余談】
 今書いていて思ったんですが… 「猫に寄る被害」って、人体や人の生命まで脅かすようなものは本当にないんですね。今回の件は、なぜ「猫が人の足を食べた」などという突拍子もない話になったのか、つくづく不思議です。どなたかもおっしゃってましたが、まさに都市伝説……。

 それと、動物指導センターの職員の方のお話からすると、とてもおとなしい子みたいですね。うちのピカの方がこの子よりずーっと凶暴だわ。(^^;) なにせ私の左手親指に全治1ヶ月・完全復帰1年の重傷を負わせた奴ですから。>ピカ
 しかも、野良でさえなく元飼い猫(捨てられたのか、迷子になったのかわかりませんが)だったとは…(--;) こんな騒ぎに巻き込まれて、かわいそうに。(T_T)
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2005-10-15 15:19 | ねこだすけ
<< ハーボのてちゅりん、しょぼくれ | ページトップ | 殺処分中止決定 >>