Top

11猫の賑やか大所帯も今は昔。20年の時を経て、全員虹の橋へお引越ししてしまいました。これにて当blogも店じまいとしたいと存じます。
by.マナ(mana_blog)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
本サイト
他のblog
検索
カテゴリ
全体
About blog
更新情報
うちの猫
保護猫・育生ちゃん
日記
ねこだすけ
里親募集
トム君預かり日記
預かりっ子
ドラマ・アニメ
Dolls
ゲーム
お庭計画
バーチャルペット
お題拝借
映画鑑賞
雑記
うちの犬
携帯版猫フォト日記
未分類
最新の記事
【更新終了のお知らせ】シン、..
at 2017-08-19 18:37
『あなたのウォールを、貸して..
at 2017-05-01 03:57
ピカ、虹の橋へ。うちの子はと..
at 2015-11-22 18:41
鎌倉市で起きた多頭飼育崩壊(..
at 2014-07-07 01:27
鎌倉・多頭崩壊猫のこと
at 2014-07-07 00:52
最新のトラックバック
from * Doll Days *
お迎えしました~♪
from * Doll Days *
猫のRSS情報
from 猫カフェ
今日は暑いらしい。
from 日向でほっこり。
ボアスリッパの季節です
from 十猫十色@MilkyCat
タグ
(97)
(89)
(59)
(43)
(42)
(21)
(18)
(13)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2015年 11月
2014年 07月
2014年 06月
more...
記事ランキング
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぽっとの陽だまり研究室
「週刊ちゃっぴー」別館
動物園へ行こう
里親さん募集中【保護猫日記】
移動動物園

のらねこ。 (野良にゃ...
kanami's-diary
おいら宇宙王子きっちゃん
それ行け、かーちゃん、ほ...
堀 浩二 悦びの広場 T...
がんばる猫
ねこのきもち
blog 漱石サロン ラ...
Street Cat's...
日刊エキブロ新聞
祈りよ届け 願いよ叶え
ぱたにゃん@BLOG
茶タローくぅぅぅん.2
ティエタのアニマルファーム
ソフィーの碧い空
ミラクル・オラクル タロ...
「両手のない猫」チビタと...
大杉漣の風トラ便り
ゆきももこの猫夢日記
Animal Skin ...
ご褒美はかつお節で(旧館)
新・間違いだらけの猫カフェ選び
カードセラピー @横浜
リンク
ブログジャンル
ライフログ
その他のジャンル
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
今も心の片隅で…
 昨日、ダンナはウィルス性の風邪と診断されて、胃の薬をもらって帰って来ました。今年の風邪は胃腸にくるとは聞いていたけど、ほんとだったんだな~。私も移されないように気をつけなきゃ。

b0058448_3265837.jpg

 今日は珍しくてちゅりんがPCの横でご機嫌さんで寝てました。日が当たって気持ちがいいんだろうけど、邪魔です……。(--;)









 今日、「ポン太」という猫の年回忌供養のお知らせが届いた。私が結婚する前の年だから、もう11年前の2月に、交通事故で亡くなったコだ。正確には、事故が直接の死因ではないのだけれど。
 ポン太は、実家周辺の地域をテリトリーにしていた白茶の野良猫だった。穏やかで人懐っこい性格だが、ケンカは強く、地域のボスだった。
 その日、私が仕事から帰るのを、見知らぬおばさん2人が待っていて、うちから十数軒先の家の者だと名乗り、ポン太が事故に遭って病院に運ばれたと知らされた。私は驚き、戸惑って、
「ポン太はうちの猫ではないんですが……」
 と言うと、
「もちろん、知ってるわよ。あのコはこの近所じゃ有名な野良ちゃんだもの。でも、あなたが一番あのコと仲良かったから、せめて最期に顔を見てやってほしくて。ムリにとは言わないけど、良かったら病院に連絡してね」
 と。

 最期? 顔を見る? 死んだってこと?

 混乱した頭のまま病院に行くと、「現時点で命に別状はないが、下半身が複雑骨折で粉々になっている。治る見込みはない」ということだった。
 ぐったりとして動かず、触れられても何の反応も見せないポン太を前に、
「何度かに分けて手術をすれば骨は繋がるようになるかもしれない。しかし、一度ズタズタになった神経は2度と繋がらない。手術をして助かったとしても、一生寝たきりになるし、自分で排泄すらできないだろう。このままでは、いずれは衰弱死するだけだ」
 と、獣医さんは説明した。
 誰かがつきっきりで世話――というより介護をしなければポン太は生きられない。しかし、当時の私は実家で1人暮らしをしていて、仕事をしながら病気がちの老猫・ミュウの世話と看病で手いっぱいな状態だった。しかも、ミュウは大の猫嫌い。ポン太を家に入れればストレスになるのは目に見えている。更に、私は結婚を控えていたから、引越しも考慮に入れなければならない。ポン太を引き取って介護していくのは、とても無理な状況だった。

 だが、私がそうしたことを考える前に、獣医さんのくだした結論は、「安楽死」だった。

「手術をして、誰かが世話をすれば生きられるんですよね?」
「理屈ではそうです。でも、無理ですよ。長年一緒に暮らした飼い猫がそうなったとしても、私は生かすことは勧めません。猫にとっても人間にとっても相当辛い生活になってしまいますよ。何度もそういうケースを見てきましたからね。ぎりぎりまでがんばって、追い詰められてから安楽死を頼みに来る姿は見ている方も辛いです。寝たきりの生活を強いられる猫も苦しそうでかわいそうです」

「早く楽にしてあげましょう。ポン太君は、もう痛みは感じていないけど、貧血で辛いはずです」
 という獣医さんに、頷くしかなかった。

 今でも、あの時の判断は本当に正しかったのだろうか、と思うことがある。獣医さんはああいったけど、もしかしたら歩けるようになったかもしれない。医学は万能ではないし、全てがわかるわけでもない。また、たとえ寝たきりになったとしても、私が世話し切れなくなるとは限らない。ミュウとポン太、どちらも世話をして天寿を全うさせてやることもできたのではないのだろうか。私は、ポン太の生きられる可能性を奪ってしまったのではないだろうか。本当に、安楽死以外の道はなかったのだろうか――と。
 そして、何より後悔していることは、「なぜ最期まで一緒にいて、抱いていてあげなかったのだろう」ということ。
 準備をしながら、「見届けてやりますか?」と獣医さんが聞いてきた時、とてもそんな勇気はなかった。言葉が出て来ず、泣きながら首を振った私を、獣医さんは手を止めて、気の毒そうに
「ご近所の方は、このコと仲良しの娘さんに知らせますから、待ってくださいと言われたんだけど、知らせない方が良かったね」
 と送り出してくれた。

 確かに、知らずにいれば、辛い決断の場に立ち会うことはなかったし、未だにこうして迷うこともなかっただろう。しかし、長いつき合いだったポン太の死を後からあっさりと知らされるよりはずっと良かったと思う。何よりも、この時のことがあり、その数ヵ月後にミュウを腕の中で看取ったからこそ、その後の猫たちとの関わりで難しい問題が出て来ても逃げることなく乗り越えて来られたのだろうと思う。
 苦い迷いと罪悪感が消えることは、一生ないだろうけれど。

 後日、知らせてくれた近所の人にお礼と結果報告に行った。
「ポン太ちゃんはいい子だったわねぇ。まさに『弱きを助け、強きをくじく』タイプだったわよ。強そうなオスから子猫やひ弱そうな猫をかばっているところをよく見たのよ」
 と、口々に言われた。
 どうやらポン太は、近所の猫好きおばさんたちに大変に好かれていたらしい。
 それにしても、近所とはいえほとんどつき合いのない人たちが、「○○(私の旧姓)さんちの娘さん(つまり、私)はポン太と仲良し」なんて、なぜ知ってたんだろう? いや、それより何より「ポン太」というのは私が勝手につけてた名前なわけで……近所でその名で通ってたってことか? 今まで疑問にも思わなかったけど、そんなに有名なことだったのか……。(大汗)
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2007-01-05 23:59 | 日記
<< 彼氏できました。( ̄ー ̄)ニヤリッ | ページトップ | 新年早々、トラブル続きだよ >>