Top

11猫の賑やか大所帯も今は昔。20年の時を経て、全員虹の橋へお引越ししてしまいました。これにて当blogも店じまいとしたいと存じます。
by.マナ(mana_blog)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
本サイト
他のblog
検索
カテゴリ
全体
About blog
更新情報
うちの猫
保護猫・育生ちゃん
日記
ねこだすけ
里親募集
トム君預かり日記
預かりっ子
ドラマ・アニメ
Dolls
ゲーム
お庭計画
バーチャルペット
お題拝借
映画鑑賞
雑記
うちの犬
携帯版猫フォト日記
未分類
最新の記事
【更新終了のお知らせ】シン、..
at 2017-08-19 18:37
『あなたのウォールを、貸して..
at 2017-05-01 03:57
ピカ、虹の橋へ。うちの子はと..
at 2015-11-22 18:41
鎌倉市で起きた多頭飼育崩壊(..
at 2014-07-07 01:27
鎌倉・多頭崩壊猫のこと
at 2014-07-07 00:52
最新のトラックバック
from * Doll Days *
お迎えしました~♪
from * Doll Days *
猫のRSS情報
from 猫カフェ
今日は暑いらしい。
from 日向でほっこり。
ボアスリッパの季節です
from 十猫十色@MilkyCat
タグ
(97)
(89)
(59)
(43)
(42)
(21)
(18)
(13)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2015年 11月
2014年 07月
2014年 06月
more...
記事ランキング
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
ユル・いんしょう派の系譜
ぶつぶつ独り言2(うちの...
NECO_no_Kool...
ぽっとの陽だまり研究室
「週刊ちゃっぴー」別館
動物園へ行こう
里親さん募集中【保護猫日記】
移動動物園

のらねこ。 (野良にゃ...
kanami's-diary
おいら宇宙王子きっちゃん
それ行け、かーちゃん、ほ...
堀 浩二 悦びの広場 T...
がんばる猫
ねこのきもち
blog 漱石サロン ラ...
Street Cat's...
日刊エキブロ新聞
祈りよ届け 願いよ叶え
ぱたにゃん@BLOG
茶タローくぅぅぅん.2
ティエタのアニマルファーム
ソフィーの碧い空
ミラクル・オラクル タロ...
「両手のない猫」チビタと...
大杉漣の風トラ便り
ゆきももこの猫夢日記
Animal Skin ...
ご褒美はかつお節で(旧館)
新・間違いだらけの猫カフェ選び
カードセラピー @横浜
リンク
ブログジャンル
ライフログ
その他のジャンル
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
育生ちゃん・昨日、無事にお引越し
 昨日、無事に育生ちゃんを相模原のボランティアさんのお宅にお届けしてきました。

 朝、まったくゴハンを食べてくれなかったので、もう一度うちのかかりつけ病院で診ていただきました。 肺に水が溜まっていた場合、移動は危険になるので中止しなければなりません。まずはレントゲンを撮ってくださいました。

 結果は、異常なし。

 それを踏まえて、もう一度、先生に今の時点での育生ちゃんの移動は良いことなのかどうか、相談してみました。 私としては、せめて風邪が治るまでうちで看た方がいいのではないかと思ったのです。しかし、先生は、
「今のうちの方がいいでしょう。後になれば移動しにくくなると思います」
 と。
「どうしてですか?」
 と聞くと、
「大手術をした後だから、どうしても体力も免疫力も落ちているし、傷の治り具合も未知数。今は風邪の症状は出ているものの、熱も微熱だし症状が軽い。この先、風邪が悪化したり合併症などが出ないという保証がない以上、今のうちに移動させて、新しい環境に馴染んだうえで落ち着いて治療をした方がいい。
 問題は、あちらに、しっかり継続治療をしていただける病院が確保できているかどうかだけれど、その心配がないのなら、移動してしまった方が無難」
 ということでした。「継続治療をしていただける病院があるか」ということなら、ボランティアさん家は万全です。
 予定通り、夕方、連れて行くことにして、先生も、それを前提として丁寧に風邪の治療と手術痕の処置をし、その内容を私が向こうへ伝えられるよう、細かく話してくださいました。
 朝一番で飛び込んで診ていただき、終わったのは2時間半後。その間、育生ちゃんは院長先生独占状態。他の患者さんたちにちょっと申し訳なかったです。

 家に帰ると、ちょうどお昼の時間だったので、育生ちゃんの口元にゴハンを持って行くと、少しだけど食べてくれたので、ちょっとホッ。

 午後2時、出発しました。
 方向音痴の私は、知らない土地へ運転して行くと、たとえ地図を一通り頭に入れてあっても迷う可能性は大です。ダンナにナビを頼み、一緒に行ってもらうことに。保護主さんには後部座席に置いた育生ちゃんのキャリーの隣に乗って、時々様子を見てもらいながらの道行きでした。
 育生ちゃん、最初は目を真ん丸くして保護主さんを見ていたらしいですが、最後の方はよく眠っていたようです。
 若いし順応力もあるし生命力も強い。きっと、これから色々あるだろうけれど、全部乗り切って生きてくれると信じます。

 道が混んでしまい、予定より30分ちょっと遅れてボランティアさん家に到着しました。
 こちらの先生からいただいてきたレントゲン写真をお渡しし、治療内容、所見などを引き継ぎ、ボランティアさん家のお子さんや猫ちゃん――大将君、てんま君、愛ちゃんなどなどなど(たくさんいたー(笑) うちより多い、13猫。でも全員には会えなかった。残念)とご挨拶し、
「育生ちゃんをよろしくお願いします」
 とお願いして、帰って来ました。

 無事役目を終えてホッとしたけど、やっぱり寂しい……。家に帰って、空っぽのケージを掃除しながら、
「たった5日しか一緒にいられなかったなあ。怖がられたまま懐いてもらえなかったんだなあ」
 なんて思って、ちょっとメソメソ。
 寝る前まで、「ゴハン、食べてるかなあ。風邪大丈夫かな」という思いが頭の隅から抜けなくて……。

 でも、そんなことで寂しがってもいられない事態に、ちょっとなりそうです。 そのことに関しては、また改めてまとめて書こうと思います。

 育生ちゃん、まだ風邪は治らないみたいで、咳が少し出てるとか。食欲もあまりないみたい。でも、お口パクパクは治まったので、少しずつ良くなっているんだと思います。

 育生ちゃん、がんばれ。
 君は強い子なんだから、早く風邪をやっつけて、傷も治して、元気になるんだよ。
[PR]
Top▲ | by mana_blog | 2008-03-02 20:28 | 保護猫・育生ちゃん
<< これからできること…… | ページトップ | 育生ちゃん:足3本失った猫の里... >>